*

【英会話】レベルは高いのに、会話力が伴わない人の特徴とは?

ad



  

私事になるが、某大手英会話学校に通って長い。
何も話せなかったレベルから、急激にレベルアップして、
今では、最上級になってしまった。

会話クラスをメインに受けていて気が付いたのが、

大多数の会話クラスの生徒が、
学校のカリキュラムで記されているガイドラインに
達していない事実

である。

厳しいカリキュラムを組む事で有名な学校ならいざしらず、
普通の大手フランチャイズ校は、この崩れっぷりだ。

どうなっているのだろうか。

レベル分けに問題がある

英会話学校は、受講する生徒のレベル分けをする時に、
簡略方式のTOEICテストと、ネイティブ講師による
口頭テストを行う事が多い。

日本人講師と、ネイティブ講師が教える
一年間曜日時間固定制のクラスであれば、
日本人講師から文法を、ネイティブからは発音や会話、
言い回しなどを中心に教わり、きめ細やかなフォローが入る。
semier
しかし一回一回予約を入れる会話クラスになると
入学してからのレベルアップは、
自分次第

私自身、会話クラスは、自分の勉強を示す『実践の場』と割切り、
文法、言い回し、TOEICは、通信教育教材を購入したり、
ネット動画を見たりなどして、
なるべく安く、効率よく、頭に入る様に
勉強をしてきた。

その結果として、レベルアップにつながったのだが、
いざ最上級クラスにいけば、政治討論や、世の中の問題、
人間性の問題など、深い問題が話せると思ったのが、

大間違いだったのである。

そこに居たのは、TOEICスコアや、
たった5分のスピーキングテストだけで
レベルアップしてきた生徒たち。

話す内容はというと、

2週間前に行った旅行で飛行機で
隣に座っていたイケメンの話や、孫の発表会の話など、
そのレベルでなくてもいい雑談

なのである。

私自身は、彼女たちの雑談は合わせるが、
彼女たちは、私の興味がある
ハーバード白熱教室の様な話や、腕時計の話には、
興味なしというリアクションをする。

newspaper
だったら、何故このレベルに来たのだ?
あげる運営側にも問題がある。

英語以前に人間性に問題がある人間

英会話学校のガイドラインでは、このレベルでは

主観客観をあわせ持ち、他人の意見が違っても
論理的に解釈し、適切な語彙を用いて議論する事。

と書かれている。

が、長い間このレベルに居て、それが出来る人間にお会いしたのは
5人も居ない

この間も、あまりにも酷い人に、

高い授業料を払っているのに、レベルに添った話をしないと
勿体なくありませんか?と聞くと

私は2年通って色んな人を見てきましたし、
別にいいじゃないですか。

と開き直るのである。

2年間、週一回のみ、お金を払って雑談をする人が
どうしてこんな痛い自慢をして口答えをするのだろうか。

生徒の質がここまで下がったのかとあきれた。

それが
系列の元キッズ英会話社員講師

と聞いた時は、開いた口が塞がらなかった。

確かに、キッズ英会話講師という職が、今や一部では保母と並ぶ、
ブラックな職業になっているという事は認める。

だが、元講師や帰国子女の中には、悪い面でアグレッシブで、
自分と全く違う考えの人間に心が寄り添えないという短所がある。

彼女も例外ではなかった。

しかも、彼女は

色んな人がいるからいいじゃないですかと、前置きした後に、
貴方より努力してる人は居ますよと挙げた例が、
そっくりそのまま私の例だった
というとんでもない過ちまで犯していたのである。

もう説教する気も過ちを正す気にもなれない。
この様な、生徒が上級に居る事が、残念なのだ。
おそらく私の通ってる学校だけではない、
大手フランチャイズどこにでも蔓延している病の様なものだろう。

これからの学校に願う事

英会話学校としても運営が厳しいのは判る。

定期的にアンケートを実施している様でもあるし、
それなりの努力もしてるようだが、今一つ
抜本的な対策が練られていないのでは、と思うのは、
今回の件をみても明らかだ。
nativeteacher
ある程度のレベルになってくると、
学習は自分で無料動画、ポットキャストを駆使してやっている。

残るのは、出席する生徒の人間性である。

この様にただ喋りたいだけの女子会生徒と
討論をしたい生徒は本格的に分けるべきではないだろうか?

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【ツタヤ図書館】賛否両論というより批判多し?ツタヤ図書館の運命は?

カフェと憩いの場、そして独特の選書方式、空間作りで注目を集め、 インテリアコンセプトを重視した図書

記事を読む

ヒルナンデス特集、これだけはチェックしておきたい家電【2013冬】

今年の冬は新製品 ヒルナンデスにて【家電好き芸人】の土田による家電特集が放送されました。

記事を読む

2017年1月公開の映画まとめ

今年も、もはや後数時間。 来年は、大作映画が目白押しです。 その中から、とっておきの映画をご紹介

記事を読む

【暴言王】トランプが大統領になってもいい事はない?

スーパーチュースデーも終わり、共和党大統領候補者、 ドナルド・トランプ(69)の勢いが止まらない。

記事を読む

やる気を出す方法・出させる方法~内発的動機を考える~

やる気が感じられないとか、やる気がでないとかいう人いますよね。 自らやる気を出す方法だ

記事を読む