*

【武井壮】30代はネクラ非リア充だった!40を超えて人生たてなおした彼の人間性に迫る!

ad



  

陸上・元十種競技日本王者の武井壮。

暑苦しいまでに前向きな体育系キャラは、今や
松岡修造と並ぶ程だが、そこに行き着くまでの
生い立ちの壮烈さなどが、ついこの間、
関係者から語られたばかり。
takei
そんな武井は、10年前は、今のキャラとは正反対の
イヤなヤツ

というのだ、彼の10年に何があったのか?

ゴルファーの夢が捨てられなかった

golfers
十種競技王者になった後、武井はプロゴルファーを目差し、

米国留学したものの、30前で挫折し帰国。

夢を諦めきれないまま、昔のつてで、台湾プロ野球コーチ、
アスリートの指導をしていたので、仕事に身が入らなかったらしい。

育てた人材よりも、自分を認めて欲しかった

本来であれば、指導者は育てた人材が評価される事で、
自分の評価も決まると間接的に感じるものである。

だが当時の武井にはそれが理解できなかった。

自分の育てた人材が認められても嬉しいとは思えない、
本音の所は、自分を褒めてほしい。

そこまでささくれていた。

指導職についているのに、充実感を感じられない。
日頃の生活に充実感がないという人は、これにあたる。

運命を変えた路上ライブ

その後、武井は指導職から離れ、スポーツ用品関係の
仕事についたが、取引先と揉めてうまくいかなかった。
;ives
そんな時に、彼が目にしたのは、路上ライブだった。

自分には、才能、機会、職場もオファーされていて、
これだけ文句を言ってる。彼らは、どれも
約束されていないのかもしれないのに1分もムダにしていない。

そこから、彼の心の持ち様は、変わり、タレント業に
目を向けてみることになったという。

それからの武井の快進撃は言う間でもない。

人脈を作る為に、芸能人が出そうなバーに入り浸り、
アピールして顔を覚えてもらい、その間はホテルで寝泊りするので、
家をもたなかった

話は都市伝説に近い。

今は知り合いや友人を家に呼び、その数なんと
1000人超え

というのだから、ささくれだっている人生でも、
やりなおす機会はあるという事なのである。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

やる気を出す方法・出させる方法~内発的動機を考える~

やる気が感じられないとか、やる気がでないとかいう人いますよね。 自らやる気を出す方法だ

記事を読む

マーチングバンドが面白い!YouTube動画まとめ

笑ってコラえて!で有名なマーチングバンド。 素晴らしい演奏と動きに魅了されるとともに、

記事を読む

捨てられる傘に命を吹き込むCASA PROJECTが凄い

忘れ物No.1と言われるのが『傘』。 日本で年間約1億2000万本。 傘の修理代金は、購入価格の

記事を読む

日テレ「明日、ママがいない」のスポンサーに高須クリニックを拒否!受け入れたらメンツが?!

スポンサーゼロとなった「明日、ママがいない」の広告枠を全部買うと明言した高須クリニックの高須

記事を読む

見えない障害・雇用の温度差

昨今、問題になっているのが、 見えない障害を抱えた人の積極的雇用です。 健常者でも職にありつ

記事を読む