*

【武井壮】30代はネクラ非リア充だった!40を超えて人生たてなおした彼の人間性に迫る!

ad



  

陸上・元十種競技日本王者の武井壮。

暑苦しいまでに前向きな体育系キャラは、今や
松岡修造と並ぶ程だが、そこに行き着くまでの
生い立ちの壮烈さなどが、ついこの間、
関係者から語られたばかり。
takei
そんな武井は、10年前は、今のキャラとは正反対の
イヤなヤツ

というのだ、彼の10年に何があったのか?

ゴルファーの夢が捨てられなかった

golfers
十種競技王者になった後、武井はプロゴルファーを目差し、

米国留学したものの、30前で挫折し帰国。

夢を諦めきれないまま、昔のつてで、台湾プロ野球コーチ、
アスリートの指導をしていたので、仕事に身が入らなかったらしい。

育てた人材よりも、自分を認めて欲しかった

本来であれば、指導者は育てた人材が評価される事で、
自分の評価も決まると間接的に感じるものである。

だが当時の武井にはそれが理解できなかった。

自分の育てた人材が認められても嬉しいとは思えない、
本音の所は、自分を褒めてほしい。

そこまでささくれていた。

指導職についているのに、充実感を感じられない。
日頃の生活に充実感がないという人は、これにあたる。

運命を変えた路上ライブ

その後、武井は指導職から離れ、スポーツ用品関係の
仕事についたが、取引先と揉めてうまくいかなかった。
;ives
そんな時に、彼が目にしたのは、路上ライブだった。

自分には、才能、機会、職場もオファーされていて、
これだけ文句を言ってる。彼らは、どれも
約束されていないのかもしれないのに1分もムダにしていない。

そこから、彼の心の持ち様は、変わり、タレント業に
目を向けてみることになったという。

それからの武井の快進撃は言う間でもない。

人脈を作る為に、芸能人が出そうなバーに入り浸り、
アピールして顔を覚えてもらい、その間はホテルで寝泊りするので、
家をもたなかった

話は都市伝説に近い。

今は知り合いや友人を家に呼び、その数なんと
1000人超え

というのだから、ささくれだっている人生でも、
やりなおす機会はあるという事なのである。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

使いたい!欲しい!リサイクルを超えたアップサイクル商品のまとめ

アップサイクルという言葉をご存じでしょうか。 使わなくなった素材から新しいものやより良い価値のある

記事を読む

生きる為にゴミ捨て場で寝る子供たち~ストリートチルドレン~

「ストリードチルドレン」と呼ばれる子供たち ストリートチルドレンは、親などによって養育・保護などを

記事を読む

思わず行きたくなる市役所!長岡市役所がすごい!

新潟県長岡市の複合施設アオーレ長岡 新潟県は長岡市にある複合施設アオーレ長岡。 隈研吾という有名

記事を読む

反町続投!相棒season16波乱万丈の道のり

『相棒 season15(テレビ朝日系)』が、後味の悪いお開きとなり、親相棒説まで流れたこのシリーズ

記事を読む

【都知事選】小池氏当選・賛否両論の嵐の末の結果

舛添都知事辞任に伴う、東京都都知事選が猛暑の中行われ、 過去最多の21人が立候補した中、 元

記事を読む