*

ad



  

地震被害の爪跡が残る熊本市内の体育館に4月下旬、
プライバシーを尊重する為の、布の間仕切りが用意された。
f0115891_154098
(C)fukuyoka.exblog.co.jp
用意したのはNPO法人
『ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク』
学校のGW明け再会を前にして、間に合った。

避難生活を続ける現地の人からは、
『前に比べてプライバシーを保てる様になった』
という声も挙がっている。

災害復興住宅の第一人者

NPOの代表は、日本人建築家の板茂氏(58歳)。

阪神大震災、ルワンダ大虐殺、東日本大震災、
ハイチ大地震など、
被災地や紛争地の復興住宅支援に力を入れてきた建築家

彼の手がける被災地や復興地の住宅は、
現地で調達できる材料で、なるべく自然に優しく、
耐久性もあり、住みやすくビジュアル的にも美しいもの

それは過去に彼が手がけた作品を見ても明らかだ。
peperdometakatori
阪神淡路大震災で消失したカトリック鷹取教会の跡地に建てられた、
『カトリックたかとり教会(紙の教会)』は
(C)カトリックたかとり教会
震災で教会を失った人たちの癒しの場所となった。

仕事の大小に関わらず携わる理由

板氏は、今までの業績と震災復興への貢献から、
日本人で7人目となる建築界のノーベル賞
プリツカー賞を’14年に受賞

建設会社やデザイン事務所は、大手になればなる程、
下請けに任せる事も多い、しかし板氏は、それをしない。

仕事の規模に関わらず、全てのプロジェクトに彼が関わる事で
仕事の質が均一化されている。

emergency-shelters
(C)TEDxTokyo
’00年にはドイツで万国博覧会の建物の設計を任された板氏
環境問題に事の他厳しいドイツでは、彼に白羽の矢があたった。
彼の設計のゴールは、
建物が解体され、その廃材がリサイクルされる事。

それは、彼のポリシーにより、達成された。

その上、板氏は、
自分のデザインには著作権はないので、
他の建築家にそのまま使って欲しい、その方が効率的だ。

と公言している。

これかも彼の活躍に期待したい。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

稀勢の里、横綱昇進、その長い道のり

大関・稀勢の里(30)が、22日の千秋楽で、横綱・白鵬に勝ち 白星をあげ、横綱昇進の運びとなった。

記事を読む

蔵書一挙整理!寄附売る見極めまとめ

夏休みに入り、学生、専門学校生の悩みといえば、 家の中の蔵書の整理。 という人も居るかもしれ

記事を読む

あなたの人生を楽にする4個のライフハック – SONIC M

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

就職人気企業ランキング発表!上位は生活用品か?

本年度の大学・大学院を卒業予定の学生を対象にした『就職人気企業ランキング(学情)』が発表された。

記事を読む

お遍路の宿が、人間関係の新たな交流の場所に

GWは、四国お遍路に行かれる方もいらっしゃるかもしれません。 歩き遍路の人にとって、大事なのは宿を

記事を読む