*

女子大生アイドル重体に見る、会いにいけるアイドル終焉

ad



  

『会いにいけるアイドル』の時代は、
終わりつつあるのかもしれない。
62a61a30
(C)SOLID GIRLS NIGHT

’16年5月21日に、女子大生アイドルユニット『SOLID GIRLS NIGHT』の
メンバーの1人・冨田真由(20)が、職業不詳・岩埼友宏容疑者(27)に、
刃物で刺されるという痛ましい事件が起きた。

被害者の母親からストーカーの相談を受けていたにも関わらず、
何故警察や事務局は動けなかったのか。

富田真由って誰?

冨田真由は、長野県出身で現在20歳。
亜細亜大学経営学部経営学科在学中で、高校時代は軽音楽部に所属していた。

’10年にデビュー。アイドルとしては、
DVDとネット配信で観られるドラマ『シークレットガールズ』の
メンバーとして『EYE(高野愛)』名義で活躍していた。

『シークレットガールズ』は、フジTVを中心に活動していた
『アイドリング!!!』の3人(橋本楓、朝日奈央、伊藤祐奈)に、
三橋奈波、富田真由を加えた構成になっていた。

ドラマが配信されて間もなく’11年7月18日には、
お台場合衆国にて初ステージ。
その後も、着々とファン層を増やし、DVD配信ドラマ、ライブと
キャリアを積み上げていった矢先に起きた出来事だった。
li_p_sec
(C)idolfe.com

加害者の浅はかな行動が特定の鍵となった

今回の事件で加害者が、あまりにも浅はかだったのは

ツイッターを通して被害者への恨みを独白していた事だ。

ばれないとでも思ったのだろうか。

既にアカウントは凍結されているが、
加害者の粘着性と執着心は、非難の的となっている

加害者は、1月頃、4℃の腕時計をプレゼントした模様。
しかし彼女から何のリアクションもなかった事に
腹を立てた加害者はツイッターで、こう彼女につぶやいた。


腕時計をプレゼントする意味を知っていますか?
大切に使ってくださいね(^^)

これで済むならまだよかった。
そのうち、本を返せ、自分の幸せだった時間を返せと
独占欲と執念と妄想の固まりが犯人を襲った。

その一方で、今回の事件でおろかな犯人と被害者が
私たちに教えてくれた事がある

人間は求めすぎてはいけないし、尽くしすぎてもいけない

という事だ。

下僕の様になんでも、追っかける対象の人間の言うことを
はいはい聞いているだけではつまらない。

被害者も、ファンとの適度な人間の距離感を保てば、
今回の様な事件は起きなかった。
事務所を通すという適切な対応をとるべきなのだろうと思う。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

追悼たかじんさん”胸いっぱい”の武勇伝数々…

HPより たかじんは豪快な男だった 関西の雄、やしきたかじんさんがお亡くなりになりました。関東在

記事を読む

【ハイアールアクア】オモシロ白物家電に挑むハイアールアクアって何だ?

部分ヨゴレを落とすハンディ洗濯機。 空気の力で洋服をクリーニングする機械。 中身の見える洗濯機。

記事を読む

【父の日】ベストは定番消え物?喜ばれる贈り物

6月半ばは、父の日です。 肝心の、お父さん側が、こういう物が欲しいのに対し、 贈られてくる物

記事を読む

オンデマンドでサクっと見れる7月スタートの深夜枠ドラマ

©amazon.co.jp/etutorend.com 夜9時スタートのドラマが苦戦を強いらて

記事を読む

10月公開おすすめ映画まとめ

ようやく涼しくなってきましたが、ファーストデイ公開のものも含め、 今月のおすすめ映画3本を紹介して

記事を読む