*

ad



  

’12年にイオンモールを中心に日本に進出した米国資本の
ファストファッション
『オールドネイビー』が早くも

’17年1月に日本撤退

となります。
oldnavy
(C)OLD NAVY/GAP
『ユニクロ』や『GU』、『しまむら』『H&M』、『ZARA』そして
各社プライベートブランドとアパレルの競争激化と、
少子高齢化で、ファストファッションは生き残って
いけるのでしょうか。

元々は米GAP傘下メーカー

GAP傘下のアパレルの1つであるオールド・ネイビーは、

米国、カナダ、日本、中国で、1000店舗以上展開

してきたカジュアルブランドです。

日本での取扱代理店は、
イオンモールや、ららぽーとだった所を見ると、
ファミリー層を狙った戦略を立てていたのだと思われます。

米GAP社は、’16年4月30日現在『オールド・ネイビー』を
北米で1029店、アジアで69店を展開していますが、その内
日本市場の53店を閉店するというのです。

ついこの間、’12年に日本上陸したファストファッションだというのに?
そう思う人も少なくありません。

バナ・リパも消えるかもしれない?

米GAPの商品展開は、オールド・ネイビーだけでなく、
バナナ・リパブリックも傘下となっています。
breesebreesebanana
(C)BANANA REPUBRIC BREESE BREESE
オールドネイビーの日本店舗が来年1月に撤退になるのにあわせ、
こちらの不採算店舗も、将来的に削減されるのは目に見えてきます。

問題はファストファッションだけに留まらない

オールドネイビーや、ユニクロ、ZARAなど
ファストファッションだけの
問題ではないと思います。

大手アパレル・ワールドが、駅チカを中心に展開する
ブティック+セレクトショップ『Index』や、
40~50代向けのセレクトショップ『Reflect』の出店を
強化しています。
index
(C)World.co.jp
その一方で、ワールドは
東京スタイルや、Body Dressingなど、
採算が合わないブランドは、長年ワールドを支えてきたとしても
斬り捨てているのです。

これは、
『洋服を毎シーズン何らかの形で買い足し、前の服は
クリーニングに出して大切に着る』人が、圧倒的に
少なくなったからではないでしょうか。

問題は、ファストファッションであるか、
そうでないかに留まらないと思います。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【佐藤満春の生活に役立つライフハック】靴紐をいつもより早くそして強く結べる方法|@Heaaart(アットハート)

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

【年上部下】定年後の年上部下は何故煙たがられるか

ニ昔前までの職場の悩みといえば、 上司の扱いや職場の人間関係が煩わしいというものでした。 現

記事を読む

超ニッチなのにライバルなし!シートに拘り1世紀?

競争率の激しい分野で勝てばビジネス界の勝者とも限らない。 日本が元々得意としてきた ニッチな分野

記事を読む

【B型肝炎給付金】給付期限まで1年3カ月!B型肝炎給付金交付の手続きとは?

B型肝炎訴訟を、ご存知でしょうか? これは予防接種法が制定された昭和23年から昭和63年までの

記事を読む

歯茎はマッサージで元気になる? 696(口腔ケアチャンネル2 #369)

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)