*

ad



  

サントリーホールディングスが100%子会社・ファーストキッチンの全株式を
ウェンディーズ・ジャパンに売却する方針という事が23日判った。

これにより、
ファーストキッチンが、明日から一斉にウェンディースに替わる

というわけではないらしい。

コラボ店は増えるかもしれないが。
その所以は何なのか。

ダイエーが目をつけた店だった

super_mega_wendys
(C)gigazine.net

ウェンディーズが、日本に入ってくるきっかけになったのは、
ダイエー創業者の中内功が’70年代後半に敢行した米国視察だった。

『作り置きをしない』という概念では、モスバーガーや
フレッシュネスバーガーと同じ様に、パティに

パティ製造過程で、解体から流通まで一切冷凍しないで、
1枚ずつ焼き上げているので人気がある。

全盛期には、

店舗に10Kg以上もある肉の塊が納品されパテに解体された。

という都市伝説が出た。

しかし出店地域の賃借料高騰、フランチャイズ契約料問題が浮上し、
埋め合わせの為、店舗のスクラップ・アンド・ビルドを繰返した結果、
’09年に事業そのものを一旦撤退する事に。

二転三転する運営会社が原因?

akebonobashi
(C)市ヶ谷経済新聞

ウェンディーズは、’09年の日本撤退から3年後、’11年に再上陸。
『ドミノ・ピザ』を日本に定着させたヒガ・インダストリーズに
運営を任せた。

同社は、100店舗展開を目標にしたものの、叶わず
現在の店舗展開は
直営店は曙橋(新宿区)のみ。

ファーストキッチンとのコラボ店も
上野浅草口店(台東区)、六本木店(港区)の2店に留まっている。

こうなった原因は、競合他社まみれの所に出店したからでは
という声もある。

サントリーが、過去に株を全て売却したファーストフード店は

サンドイッチチェーンの日本サブウェイ

がある。
Info
(C)日本サブウェイ

ご存知の通り、今もなおサブウェイの店は潰れていない。

サントリーが全株を手放す理由は、おそらく
本業である酒類・飲料事業の展開と思われる。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

超ニッチなのにライバルなし!シートに拘り1世紀?

競争率の激しい分野で勝てばビジネス界の勝者とも限らない。 日本が元々得意としてきた ニッチな分野

記事を読む

【宮さま】タッキーより宮さま・中村蒼が気になる

連続ドラマ『せいせいするほど 愛してる』が いよいよ最終回を迎えます。 アクの強い登場人物が

記事を読む

ダイエット効果を高める夜の食事メニュー

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

【同窓会・合コン】幹事必見・同窓会でウザがられる人理由まとめ

職場で開かれる○周年記念パーティーって出なきゃいけないの? 同窓会の案内キター-----! ・・

記事を読む

【知って得する裏ワザ】生活に役立つちょっとした裏技

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む