*

【交渉術】交渉の極意は、腹を割って話す事

ad



  

交渉の極意は、口先三寸で相手を丸め込む事でしょうか。
答えはNOです。

にも関わらず、いざ交渉となると、
自分の意見を通すのに精一杯で、
担当者や、案件に関わる人々の都合を考えない
営業担当者が増えている様に思います。

これでは、折角いい提案を取引先に持って行っても
受け入れられないでしょう。

では、どの様にすれば、自社の意見を
取引先に受け入れて貰えるでしょうか。

交渉は腹を割って話す事

物事の交渉で忘れてはならないのは、双方が関わっている案件に関して

包み隠す事無く『達成したい事』、『案件に関して譲れない事』を
交渉に入る前に伝え合う事が大事です。

akusyu
腹を割って話す事で、案件解決がスムーズに進むだけでなく、
お互いの信頼関係も築けます。

では交渉の妨げとなるのは、何でしょうか?

交渉の妨げとなるのは、相手によって交渉内容を変える事

交渉の妨げとなるのは、
儲けよう、得をしようと思う余りに、案件に対して
達成したい事や譲れない事柄に『のりしろ』を付ける事です。

よく見かける悪い例が、

相手次第で、この『のりしろ』を付けるかつけないか、
交渉時に決めている人です。

kousyo
各クライアントに持っていく案件や仕事をする条件は、
本来変わらないはずなのに、

相手次第で、不当に仕事の条件を上乗せされたらどうなるでしょうか。

それは信頼を損なうはずです。

交渉の目的は、意見も立場も違う者同士が、
一定の条件の元に合意した上で、一緒に新しい価値観を
作り出していく事になります。

その為、どちらかブラフ(ふっかけ)を行ったり、
相手次第で、煙を巻くというのは、失礼なのではないでしょうか。
buraf
これはビジネスだけでなく、自分の意見をトラブルなく
通したい場合にも、これは役立つ生活の知恵になりうると思います。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

この春、ニクソン政権映画が熱い!今チェックしたいニクソン政権映画

ニクソン政権映画といえば、先月公開された『ザ・シークレットマン』が記憶に新しいだろう。 ©

記事を読む

仕事を辞めたい…自由になりたい…そんなあなたに贈る物語

仕事を辞めたい、誰もが一度は思ったことがある気持ち。満員電車での通勤、くだらない上司、夜遅く

記事を読む

原発再稼働1号の川内は地震多発地、安全の保証はあるのか

日本の原発再稼働への第一歩へ 原子力発電所再稼働の第一号となるのが川内原子力発電所に決定し

記事を読む

在日韓国人による生活保護費の不正受給発覚、韓国に家を購入した疑いも?!

外国人のもの?本来の目的を見失った生活保護制度 生活保護とは、資産や能力等をすべて活用して

記事を読む

どの世代からもレッドカード!『イタいおじさん』の目安とは

職種問わず『痛いおっさん』というのは居る。それがどの世代からも、痛いと思われていたら致命的だ。そんな

記事を読む