*

コンサルが明かす、政治家とCEOの条件

ad



  

田中角栄が一番怖かったのは、
私生活の問題を解決できなかった事だ。

ご存知の通り、田中角栄には真紀子さんのお母さんになる本妻、
私設秘書で『超山会の女王』と呼ばれた佐藤昭。
そして神楽坂の芸者さんとの関係を清算しなかった。

真紀子さんは神楽坂の芸者さんと角栄との間に生まれた
男性についてはお咎めはしない。

しかし私生活に入り込んできた私設秘書や、
彼女との間に生まれた佐藤あつ子さんの存在に関しては
由々しき問題であるし、あつ子さん本人も
親の生き方をずっと否定せざるを得なかった。

角栄本人は、それぞれの家で、すき焼きを食べ、
差別しないという気遣いまでしたそうだが、
それもまた油雑巾に火という結果に終わっている。

何がいいたいのか。
どんな名誉ある政治家でも、


私生活の問題を清算できなければ一流に程遠いという事。

組織や政財界で起こる問題も根底は同じ

米国大手コンサルファーム出身のカレン・フェランが書いた
『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です』が
出版された時、衝撃が起こった。

マッキンゼーなど名だたるコンサルが持ち込む、

理論、チャート、人材育成プログラム、
全てが役立たずだと、ぶちまけたからだ。

room_s
机上の空論ではない。

エンロンは潰れたのに、メインコンサルだった
マッキンゼーは潰れなかった理由。

業績を上げた人間は悪い面があっても
帳消しにされてしまう社会構造。

98%の人間が『自分は中の上』と思い、
その裏づけが欲しいからコンサルを雇う理由。

著者が挙げたこれらの実例は、
膨大な実体験に基づいている。

その結果、コンサルの持ち込むマニュアルが
どの様な過程を経て、紙切れになってしまうのか、
書かれているのだから、ショック以外なにものでもない。

そして彼女が出した結論は

組織で起きる問題は、私生活の中にヒントがあるという事だ。

本の中で、著者は、
企業や政治家たちの間で、日常的に起きている事柄を
『家庭』に置き換えたシナリオを出している。

例として挙がっていたのは、高給取りの女性が
どんなにやりくりしても家計が赤字になる話。

彼女が目標を立てても、会計ソフトを使っても
効力を示さない、何故なら、

彼女の家族は、いくら使ったかも興味がなく、
お金は、与えられた分好きに使っていたからだ。

この様な場合、家族なら面とむかって話しあえる。
家族の面々が好き勝手にお金を使い続けると、破産してしまう。
business_silicon
しかし会社や国家予算を預かる政治家にそれが出来ず、
コンサルを雇い、スプレッドシートの数字と睨み合いながら、
長々と会議をするのは何故だろう?

大事なのは面と向かった対話

この様な事から、今の政治家や会社のCEOに欠けているのは、
誠意ある話し合いではないかと思う。
bulding_s
昨今、一方的に自分の主張を喋り散らして主張し、
会談相手をなぎ倒す事を目的とする政治家が多いのは
嘆かわしい事実である。

この様な政治家に共通するのは、
私生活の問題すら清算できないからこそ、相手を理解させる
正しい政治手腕も発揮できないのでは、と思う。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【子ども食堂】子どもたちに暖かい食事を、子ども食堂って?

私が小学校の時でも、学校の長期休暇中に、やせ細る子が居ました。 八百屋の子でしたが、その男の子は、

記事を読む

【安保法案可決】安全保障関連法可決・何故NOと言えない自民党になったのか?

2015年9月19日未明、安全保障関連法が、参議院本会議で、 賛成148票、反対90票で可決された

記事を読む

総裁選公示日に石破氏支持を表明した小泉進次郎の強かさとは

貴乃花親方の引退劇で角界の陰湿な揉め方が露見する中、渦中の人物が正反対の行動をとった事で争いを免れた

記事を読む

受賞は『ムーンライト』!まさかの番狂わせ、89回オスカー作品賞

第89回アカデミー賞の発表・授賞式が26日(日本時間27日)に、LAハリウッドで行われ、作品賞は

記事を読む

【暴言王】トランプが大統領になってもいい事はない?

スーパーチュースデーも終わり、共和党大統領候補者、 ドナルド・トランプ(69)の勢いが止まらない。

記事を読む