*

土用と節分の意外な関係って?

ad



  

土用の丑の日と言えば、鰻ですね。
ところで、土用の丑の日に、何故鰻なのでしょうか。

鰻を食べるのは何故

暑い夏に鰻を食べるのは諸説ありますが、有力なのは、
江戸時代の蘭学者・平賀源内の話です。
unagidpyou
商売が巧くいかない鰻屋が、源内の所に、
夏に鰻を売るにはどうすればいいと相談した所、源内は、

『土用丑の日』と張り紙をすればいいじゃないか。

と言を担がせた所、他の鰻屋も真似たといいます。

これだけ鰻不足となった今では考えられない話ですが。

実際に鰻は栄養価も高く、後に養殖業者が、
土用の丑の日以外に売る為に練った戦略は『栄養価の高さ』を
アピールした、というのですから、判らないものです。

土用と節分の意外な関係

土用(どよう)は、五行に由来する暦の節目で

立夏・立秋・立冬・立春の直前18日間を指します。

土用の時期に、建築工事や井戸掘りをすると、
土公神(どこうしん)と呼ばれる『土の神』の祟りがあると言われ、
着工を避けている所もあります。

土用の最終4日は節分になります。
立冬の最終日が毎年2月の始めになるので、
節分=立冬の最終日、という認識があるのではないでしょうか。
そうではなく、どの土用にも節分はあるのです。
ehoumaki
ここ5年来、これを利用して、スーパーやコンビニで、
各々の土用の節分の時期に恵方巻を特売しているのを見かけますね。

季節の変わり目から体を守る食材

土用の日は、季節の変わり目でもあります。
その為『栄養価の高いものを食べて体を守る』のが
土用の食べ物の他の意味です。

そうした意味合いで、土用に食されるものでは、
土用しじみ、土用餅などがあります。
doyoumochi
どちらも栄養価があり、夏バテを防いでくれるものですね。

いかがでしたでしょうか。
暦の上で、今年の土用の丑の日は、
7月30日です。

鰻や土用餅を食べて、厳しい夏をのりきりましょう。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

旅行したいと思ったらまずコレ!旅行計画に便利なサイト『旅トレ』の紹介

旅行を満喫したいと思ったら、見たい景色・訪れたい場所など、まずはできるだけ自分の希望に合った旅行計画

記事を読む

便利な御用聞きのはずが腰巾着?対処法とは

組織全体の生産性をあげる為に、必要な物、存在とは何でしょうか。 ここ数年、アジア、欧米を問

記事を読む

何故男女の未婚率は増える?自分勝手じゃない事情があった

男性なら50前、女性ならアラフォーで一度も結婚していない生涯未婚率は、上昇の一路を辿っている。

記事を読む

私達ただの友達です?近年は「フレンド」婚カップル急増中!

新しいケッコンのカタチ?定着するか 今流行の肉食女子。バリキャリウーマン、増えてますよね。そんな彼

記事を読む

車掌飛び降り?乗客やお客様はもはや神様ではない

秋の後楽シーズン、これだけ人手がある中、 電車、バスのダイヤが乱れていないのはありがたい事だ。

記事を読む