*

【ポケGO】爆発的人気の影にイングレスプレーヤーの不安

ad



  

’16年7月22日10時に、いよいよ日本で『ポケモンGO』が配信された。
ポケモン発祥の地、日本が舞台となったスマホ向け位置情報ゲーム。

ダウンロード配信が開始されるや否や、爆発的人気を起す一方で、
以前からくすぶり続けている、スマホやゲームトラブルの火種を
増長する傾向にあり、良心的なゲーマーは不安の声を抱えている。

ポケGOって?

mm_pokemongo1
(C)Niantec/Nintendo.co.jp

ポケモンGOは、米ナイアンティックと任天堂が共同開発した
位置情報ゲーム。

プレーヤー(ポケモントレーナー)は、現実世界とリンクするので、
髪型や服装を自由にカスタマイズ出来る。

マップ上に、ポケモンが現れたら、画面上のモンスターボールを
スワイプするとゲットできるようになっている。

7月末には、Bluetooth内蔵のコンパクトカメラも発売される予定で、
これをスマホにリンクさせて、街中のポケモンを
探し易くするらしい。

ポケモンは沢山掴まえるとプレーヤーのレベルはUpし、
掴まえたポケモンは『進化のかけら』を集め進化させるか、
卵の場合は、プレーヤーが歩いて歩数を溜めて孵化させる。

どちらにしても、プレーヤーの『努力』が必要で、
スマホはその『媒体』になるだけだ。

最大の醍醐味は、違うプレーヤー同士が対戦する『ジム』だろう。
増えてくると2~3人の同陣営を携えて敵陣営に行って戦う事も出来る。

位置ゲーの問題

『国盗り合戦』、『Ingress』、『コロプラ』と、
『ポケGO』配信が始まる前から、位置ゲーは既に人気がある。
ingress
(C)mynavi.co.jp
が、ここ数年、位置ゲーを巡る問題も表面化している事は確か。
Googleがリリースした、リアル陣取りゲーム『Ingress』は、
初心者にとって難しく、


ゲームの特性上、個人情報をきちんとガードしないと、
同陣営同士の情報はダダ漏れになる。

同陣営に居るメンバーや、プレイスタイルの取り方によっては
不本意な相手に、職場、家、行動スタイルも筒抜けになるので、
ストーカー騒ぎも起こって居る。

陣営同士リアルで会った場合、

歩数計代わりと楽しみに使用していた人と、
ガチで入れ込んでいた人が、ぶつかりあうケースもあった。

ゲームは楽しめればそれでいいという概念から、
バーチャルであろうと、リアルであろうと、
使う側のモラルが深く問われる事になる。

Ingressが日本でリリースされた際には、難解でスルーした人や、
宣伝しにくいといったメディアも、『ポケGO』なら飛びついたという
浅はかさもあるだろう。


Ingressと『ポケGO』の開発元は同じなので、いずれ同じ様な
トラブルは起きるかもしれない。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【こち亀最終巻】こち亀最終巻・何故40年続いたのか

『こち亀』こと、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、17日発売の 最新号で最終回となる。 J

記事を読む

大爆発なんてさせない!電子レンジで簡単にゆで卵が作れる超便利器具

ゆでたまごをを作ろうと思ったら大爆発!!こんな話ってたまに聞きますよね。 電子レンジはマイクロ

記事を読む

ヒルナンデス特集、これだけはチェックしておきたい家電【2013冬】

今年の冬は新製品 ヒルナンデスにて【家電好き芸人】の土田による家電特集が放送されました。

記事を読む

極上の孤独は、何故炎上しながら売れるのか

出版不況と呼ばれる中で、売れ続けているのが、この本だ。 ©gentosya.co.jp

記事を読む

【砂の塔】タワマン格差を描くドラマの向こうに見えるもの

駅前タワマン建設が進む現在。 タイムリーに放映されているのが、'16年秋ドラマの1つ 『砂の塔~

記事を読む