*

ad



  

今月も洋画、邦画、見どころ満載の映画が沢山上映になります。
apocalips
©eiga.com
その中でも、オススメの3本を紹介させて頂きます。

ニュースの真相

時は’04年米国。
再選を目指すブッシュ大統領の『兵役逃れ』のスクープが流れた。

CBSの人気報道番組『60ミニッツ』のお手柄と言われたこのニュースは、
保守派のブロガーが偽造と訴えた事で波紋を呼び起こす。

プロデューサーのメアリー(ケイト・ベッキンセール)と、
アンカーマンのダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)は、
世論と戦う事になるのだが…。

『60ミニッツ』のプロデューサー、メアリー・メイプスの自伝の映画化。

今の米国大統領選挙の在り方を問う意味でも、
お勧めしたい映画です。
(8月5日より、全国TOHOシネマズ系で公開)

X-men:アポカリプス

時は’83年。
エジプト文明から神として崇められていた、ミュータントの始祖、
アポカリプス(オスカー・アイザック)が、突如現在に甦った。

数千年ぶりに目の当りにした文明に絶望したアポカリプスは、
マグニート(マイケル・ファスペンダー)、ストーム(ハル・ベリー)など、
4人のミュータントを率い、人間に味方するミュータントを総攻撃する。

そして現世に転生する対象としてプロフェッサーX
(ジェームス・マカヴォイ)を選ぶのだが…。

X-menビギンズと言える『X-men:ファーストジェネレーションシリーズ』の
面々と、『X-men,2,Final』など、元祖X-menシリーズのミュータントが
顔合わせするアクション大作。

今まで数々のX-men映画が作られているが、ストーリーを時系列順に纏めた、
予告編も作られているので、こちらをチェックしてから、
映画館に行くのがお勧め。
(8月11日(木・祝全国東宝、松竹系公開)

神の思し召し

昨年度東京国際映画祭コンペティション上映作品。

トンマーゾ(マルコ・ジャッリーニ)は腕利きの心臓外科医だが
性格は傲慢かつ自意識過剰。
糟糠の妻との仲は冷めきっていて、2人いる子供のうち、長女は、
何事にもズボラで見込みがない。

トンマーゾの望みは医大に通う長男のアンドレアだったが、
何を思ったのか、アンドレアは、
医師にはならない、神父になると言い出し、トンマーゾは仰天する。

しかもアンドレアが影響をうけたのはピエトロ(アレッサンドロ・ガスマン)というのは、前科モノの神父だったのだ。
怒りが収まらないトンマーゾは神父の元に殴り込みに行くのだが…。

監督のエドアルド・ファルコーネは、これが初監督で、普段は脚本家。
キャスティングにあたり、トンマーゾとピエトロの役を、
俳優当本人が普段演じている役と、全く違う役にした点が
ポイント。
(新宿シネマカリテ他 8月27日より順次公開)

お盆の映画館は、子供が多くてリラックスできないという人は、
シネコンに行って、お子さんとは別の映画を観るというのも、
いいかもしれませんね。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【過剰報道】局ヘリよりも物資をくれ!歴代大地震被害者の本音

震災におけるマスメディアの行き過ぎた、 つっぱしり取材に、辟易とした声が上がっている。 「公式発

記事を読む

【出待ち入待ち】マナー違反続出・出待ちトラブルを防ぐには?

そもそも、追っかけに何の興味もない人間からしてみれば、 『出待ち、入待ち』程迷惑な事はない。

記事を読む

斉藤由貴が劣化をとりもどし綺麗になった!

斉藤由貴が久々に綺麗になって私たちの目の前にあらわれました。 毒女ニュースより いったい

記事を読む

安全は金で買う?ファイル共有ビジネスの変化

企業が無料ファイル共有サービスから、法人向け有料サービスに 切り替える傾向にある。 ここ5年

記事を読む

【爆買い】爆買いする人が買うものまとめ

今や中国、台湾、韓国からの観光客のお目当ては、炊飯器でも 高価な化粧品でもない。 私たち

記事を読む



PAGE TOP ↑