*

ボランティアストーカーとは、被害に遭わない為には?

ad



  

あなたの個人情報は大丈夫か

PAK93_eltubokunokuchikusasugi1111500

裏社会ジャーナリストの丸山佑介さんが、「ボランティアストーカー」について、テレビ東京の番組「暴露ナイト」で話題にあげた。

ネットとストーカー

先日、三鷹で女子高生が殺されるというストーカー殺人事件が起きた。犯人はこの女子高生とfacebookで知り合ったそうだ。別れてからストーカー行為を繰り返し、ネット上に「復讐」として淫らな画像や動画を公開した。そして殺害する。

この事件のように、最近のストーカー事件にはネットとの連動があるという。

このように殺人事件までにならないものの、何だか気持ちの悪い、ネットのストーカーが多いそうだ。

その名を「ボランティアストーカー」と呼ぶ。

ボランティアストーカーとは

ボランティアストーカーは「無料」で「無関係」で「無リスク」で、勝手にストーキングをする者のことを言う。

twitterの炎上などを思い浮かべると理解しやすい。最近もバイト先などでの写真を流出して、個人情報をばらまかれるという事例があっただろう。このように、自分には特に関係ないのにストーキングをする者のことだ。2ちゃんねるなどでは「特定班」と呼ばれている

確かに自業自得なのかもしれないが、損害賠償請求や画像・住所の公開などは可哀そうに感じてしまう。

大きく取り上げられていなくても、個人を特定されるという事例は多くあるという。

その手口とは

手口は様々だが、実際に本人の後をつけたり、twitterなどに投稿された画像をソフトで解析したりして個人を特定していくそうだ。

彼らは、自分たちのストーキング能力や技術力を誇示する為だけに、「ボランティアストーカー」となるらしい。ネット上ではともてはやされたりもするそうだ。

対策は?

対策は非常に難しい。一か所の情報を消せば済むのならば問題はないが、その情報がどんどん拡散されていくと手のうちようがないらしい。

まずは自分の個人情報の取り扱いをシビアに考える事が大切であると、丸山さんは言う。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【キャリーバック】接触事故の危険が叫ばれる理由

ここ5年来で増えたのが、 旅行客や、出張中のOLなどが使う金属製のサムソナイト(キャリーバック

記事を読む

言ってる事とやってる事が違う?なのに嫌われない人の謎

世の中、他人から信用をなくすワースト1として 言ってる事とやってる事が違う人 があります。

記事を読む

仕事を辞めたい…自由になりたい…そんなあなたに贈る物語

仕事を辞めたい、誰もが一度は思ったことがある気持ち。満員電車での通勤、くだらない上司、夜遅く

記事を読む

受賞は『ムーンライト』!まさかの番狂わせ、89回オスカー作品賞

第89回アカデミー賞の発表・授賞式が26日(日本時間27日)に、LAハリウッドで行われ、作品賞は

記事を読む

西城秀樹逝く!早すぎた死の影に隠された謎とは

2018年5月16日。歌手の西城秀樹が、急性心不全の為亡くなった、享年63歳だった。 西城秀樹さん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑