*

久積氏がネオヒルズ族の最も稼ぎやすいビジネスモデルをタダで暴露

ad



  

 最も稼ぎやすいビジネスモデルとは

neo2

【ネオヒルズ族とは】久積篤史が引退大暴露、詐欺・麻薬逮捕の真相は?でも紹介した久積篤史氏が、自分たちの稼ぎのカラクリを全部暴露するようです。

ネオヒルズ族、久積篤史の大暴露

「ネオヒルズ族」の稼ぎ方の印象

「ネオヒルズ族」と呼ばれる人々の手法は、自分たちの成功体験などをツイッター、フェイスブック、ブログなどの媒体で紹介したり、「稼いでいるんだぞ!」というアピールの為に高級シャンパンなどを一気飲みしちゃうような動画をアップしたりする。特にテレビに取り上げられる事が一番宣伝になりそうですね。「有吉ジャポン」の出演は印象的でした。

そういった行動で、自分の価値というものを高めていき「信用」を得る。その信用で、ネットビジネスの高額塾などを開いてお金を稼ぐ。

というものなのではないかなと思っていましたが、どうなんでしょう。(まだ動画を見ていないので、これからみます)

なぜ彼は「第二の自分」を?

彼はネオヒルズ族、久積篤史の大暴露で、「第二の久積篤史を作りたい」と語っています。何故?

私の予測ですが、自分が手をかけた人が成功することにより、自身のコンサルティング能力を認めさせる事ができます。そうする事で周りからの「信用」を買い、ネットビジネスの世界において「ネットビジネスコンサルタント」の地位を確立させようとしているのではないかと考えました。だから大々的に宣伝をし、より多くの人に成功を知ってほしいのでは。

つまり第一線からは身を引くだけで、裏からより多くの人を利用し稼ぐのが目的なのではないでしょうか。

与沢翼が作詞していた!!

ネオヒルズ族、久積篤史の大暴露を開くといきなり音楽が流れ、うるさいなぁと思っていたのですが、よく見ると「与沢翼 作詞」となっていました。あの秒速で~の与沢氏が作詞、歌っているのが久積氏。これほど面白い事ないなと思って聞いてみたのですが、、、

意外と・・・良い・・・笑

8月28日に発売されていたみたいです。全然知らなかった。

アーティストとしての自分を見てもらいたい、という事からAtsushiという名前で活動しているそうです。

ちょっと「エグザエル」ちっくですが。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

謝る頼み事をすると炎上する謝り下手はどうすればいいのか

謝っても許して貰えない。謝れた側が逆に怒っている。こういう事を引き起こす人は職場だけでなく趣味の場に

記事を読む

【こち亀最終巻】こち亀最終巻・何故40年続いたのか

『こち亀』こと、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、17日発売の 最新号で最終回となる。 J

記事を読む

側にいて疲れる人はコンプレックスの固まり?うまく逃げるコツ

会社にもサークルの中でも『一緒にいて疲れる人』は必ず存在する。 彼、彼女らに共通するのは周囲から迷

記事を読む

徳洲会グループ着服、満たされぬ喜び

医療法人徳洲会グループの関連会社から3千万円を着服したとして、業務上横領容疑で、同会元事務総長で医療

記事を読む

【除籍本】図書館の除籍本・貰う時のコツ

図書館では、ある一定の基準に達すると、 本の入れ替えの為に、古い本を捨てなくてはいけません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑