*

斎藤佑樹の復活が見えた開幕2戦目

ad



  

日本ハムの斎藤佑樹が3月29日の開幕2戦目に、完全復活を懸けて臨んだ。結果は6回9安打4失点という微妙な結果ではあったが、最速145キロの直球やランナーを出してからの粘りの投球など、今後への期待を持たせてくれた。

>>関連記事:斎藤佑樹は絶対復活を成し遂げる、そう信じている。

2年ぶりの勝利は近くまできているだろうか。今回の投球内容を見てみよう。

ヒット・四球となった場面

結果 カウント 球種 打者の順で書いていきます。

★H 1-0 カットボール ヘルマン

2球目に真ん中よりに入ってしまったカットボールをレフトに運ばれた。

★四球 3-1 ストレート 鉄平

初球から3球続けて変化球でストライクが取れずに結局歩かせた場面。

★四球 3-2 ストレート 坂口

変化球で3-2まで追い込み最後はストレートで歩かせた。変化球をもっとコントロールできるようになれば…。

★H 1-2 ストレート ヘルマン

力のないストレートではあったものの、コースには決まっていた。打ったヘルマンが凄かったかも。

★H 0-0 ストレート 安達

高めに浮いたストレートを痛打された。

★H 3-2 ストレート 坂口

2ストライクまで追い込んでおきながら変化球で3-2となり、ストレートを狙われた。

★H 0-1 カットボール 糸井

ど真ん中への失投。

★H 0-1 カーブ ペーニャ

変化球、特にカーブはあまりよくなかった。

★H 1-2 スライダー 安達

厳しいコースだったが、好調の安達選手にうまく運ばれた。

★H 1-1 ストレート 坂口

バットをへし折る球威はあったが、結果ヒットとなってしまった。

★H 2-1 ストレート ヘルマン

コースに決められず。この回になると疲れがみえたか。

斎藤佑樹はダメなのか?

WS000078

今回の敗戦で、やっぱり斎藤佑樹ってもうダメなの?って思う人もいると思いますが、諦めるにはまだ早いだろう。

まずポイント1として、ストレートに球威が戻っていることがあげられる。昨年、一昨年と比べてみても、体重移動がうまくできていなかったぎこちないフォームは修正されてきている。右肩の故障は、もう心配ないとみてもいいだろう。ポイント2としては、やはりこれもストレートの制球力の向上があげられる。まだ春先なので100%ではないだろうが、今までよりもストレートの精度は向上していると思う。

しかし不安要素もある。一番気になったのが、ストレートと変化球の時のフォームの差だ。映像を見れば一目瞭然だが、腕の振りや体の使い方の違いが、私にでもはっきりとわかってしまう。状態が上向いて修正されればいいのだが、今の状態では変化球は全然ダメだろう。

斎藤佑樹が修正していくのは、変化球。それさえ向上していけば、私は斎藤佑樹の完全復活が見えてくると感じる、そんな一戦だったように思う。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

二週間前、朝5時、6時、キャンセル待ち、自動送信…ジムスタジオの予約が狂気の沙汰すぎる

新型コロナ感染予防対策で、各スポーツクラブ参加人数制限が実施されて早半年以上経つ。 ス

記事を読む

PL学園野球部の監督は「校長先生」。校長を甲子園に連れて行けるか?!

【春季大会】PL、野球未経験・正井校長を大阪一の監督にするまで負けない http://www.ho

記事を読む

100歳の現役スイマー1500m完泳!

100歳を越して尚、人生に目標を持ち チャレンジし続ける一人の女性が居る 山口県田布施町在住

記事を読む

【本田】海外で活躍するスポーツ選手に通訳は必要か?過去の事例など

(http://www.acmilan.com/jpより) イタリアのサッカーリーグのセリ

記事を読む

パッキャオVSメイウェザー世紀の一戦そして引退まで

想定外の『世紀の一戦』の結果だった。 日本時間の5月3日、 米ネバダ州・ラスベガス・ MG

記事を読む



PAGE TOP ↑