*

ad



  

ニューヨークヤンキースの黒田選手が広島カープに復帰することが発表されましたが、その後何とあの松坂大輔選手がソフトバンクに移籍することが決定しました!

ph141221-5

これは松坂大輔選手のファンもソフトバンクファンにも大きなニュースになったのではないでしょうか?

松坂大輔選手はレッドソックスで活躍した選手で、レッドソックスでは18勝をしたこともある投手になります。奥さんは元日本テレビのアナウンサーである柴田倫世さんになります。

実は松坂大輔選手は青森県出身。高校は横浜の横浜高校に行き、甲子園で大活躍しています。

その後西武ライオンズに入団して活躍をします。

松坂大輔選手が日本復帰に際して検討した球団は横浜DeNAとソフトバンクだったそうです。

ソフトバンクに移籍することになったきっかけは、西武ライオンズ時代にキャッチャーだった細川捕手がソフトバンクにいることが決め手になったのだとか。

今年のプロ野球はソフトバンクでの松坂大輔選手の活躍に注目ですね。

松坂大輔選手は日本のパ・リーグである西武ライオンズで活躍をした後にアメリカ大リーグのレッドソックスに移籍して18勝をあげています。

その後怪我や体調不良などで今回日本に帰国して、ソフトバンクでプレーすることになったというわけなのです。

また、松坂大輔選手といえば、横浜高校での活躍も印象的ですよね。

まさに、高校球児の中でも江川卓以来の怪物であると言われてきたのです。

そんな松坂大輔選手が今回日本でプレーするということで非常に楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

松坂大輔選手は実はレッドソックスに移籍した当初から、アメリカ式のプレースタイルや、調整方法が合わないということを報道されていたのです。

その意味では今回のソフトバンクへの移籍は本来の松坂大輔選手のピッチングが見ることができるのかもしれないということが言えるでしょう。

開幕のローテーション入りは間違いないでしょうから後はどのような活躍を、復帰した日本球界で見せてくれるのかが非常に楽しみですよね。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

14W杯、日本代表の日程・対戦相手

2014年のサッカーワールドカップ・ブラジル大会の組み合わせが決定しました。日本はC組で、コロンビア

記事を読む

斎藤佑樹投手、生き残りをかけた戦いで必ず好成績を

崖っぷちの男が新球で生き残りをかけた戦いに挑んでいる。 日本ハムの斉藤祐樹投手(25)が今月2

記事を読む

稀勢の里、横綱昇進、その長い道のり

大関・稀勢の里(30)が、22日の千秋楽で、横綱・白鵬に勝ち 白星をあげ、横綱昇進の運びとなった。

記事を読む

【デザインオーダー】デザインオーダーできる、カジュアルシューズメーカーまとめ

スニーカーが男女問わず流行りだしたのは、数年前。 そろそろ既製品では満足出来ない人も出てきているは

記事を読む

追悼モハメド・アリ・イチオシ3本のボクシング映画

'16年6月3日に、元ボクシングヘビー級王者・モハメド・アリが亡くなった。 享年74歳、死因は敗血

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑