*

薬物追放・カブレラの昨秋ベネズエラ・ウィンターリーグ成績がヤバイwwww

ad



  
55本塁打の元西武カブレラ 薬物使用でメキシカンリーグ永久追放

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/261256/

WS000008

記事要約

今季はメキシカンリーグのベラクルス・レッドイーグルスに所属していたアレックス・カブレラ内野手(42)が、禁止薬物のステロイドを使用したとして同リーグから永久追放処分を受けた。

日本野球機構関係者は「1年間まったく活躍していなくて急にウインターリーグで打ち出したから、間違いなく“やっているな”と思った

カブレラがステロイド・・・。

間違いなくやってるなと思ったという成績↓(2013年11月の記事)

ベネズエラで復帰したアレックス・カブレラについて

昨年現役を引退したアレックス・カブレラ(Alex Cabrera 元西武、オリックス、ソフトバンク)が、米国でのリハビリを経て今季ベネズエラ・ウィンター・リーグ(以下LVBP)のティブロネス・デ・ラ・グアイラに復帰し、大活躍を見せています。
中でも今月は、LVBP月間本塁打記録の更新、史上3人目のリーグ通算100HR達成、LVBP最多タイ通算6度目の週間最優秀選手選出など、記録ラッシュの月となっています。 

通算成績(~11/24まで) 
36試合 
打率 .411(129-53) 1位 (2位:コーリー・アルドリッジ .393) 
本塁打 13 1位 (2位:マリオ・リッソン 11) 
打点 38 2位 (1位:マリオ・リッソン 39) 
OPS 1.276 1位 (2位:コーリー・アルドリッジ 1.193) 
安打 53 1位 (1位タイ:コーリー・アルドリッジ、ホセ・カスティーヨ 53) 

「5~6年前(西武晩年、オリックス時代)よりもいい状態でプレーしている」とメデイアのインタビューで答えていたように、11月になって成績を大きく伸ばしてきました。 
26日現在、首位打者と本塁打王の二冠王に加えて、打点はトップの選手に1差と三冠王への期待が高まっています。 
カブレラ自身は、シーズン本塁打記録20本(バウディリオ・ディアスが1979-80年シーズンに達成)の更新に意欲を見せているようです。ラ・グアイラの残り試合25試合で8本塁打、記録更新はなるのでしょうか。 

このような活躍を見せている中で、来季の去就について、カブレラに興味を持っている球団が日本、アメリカ、メキシコ計7球団ほどあるとのことです。

 

打て過ぎて打て過ぎて震える・・・www

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【為末炎上】正論なのに何故叩かれる?根性論を批判した為末氏が叩かれた理由とは?

陸上トップアスリートの為末大氏(35)がツイッターで、 『やればできると言うがそれは成功者の言

記事を読む

【武井壮】30代はネクラ非リア充だった!40を超えて人生たてなおした彼の人間性に迫る!

陸上・元十種競技日本王者の武井壮。 暑苦しいまでに前向きな体育系キャラは、今や 松岡修造と並

記事を読む

春に散る:沢木耕太郎氏の朝日連載がもたらしたもの

朝日新聞に連載中の『春に散る』が 今月末で終わる。 (C)asahi.com 朝日新聞朝刊

記事を読む

ランキング772位、英テニスコーチの夢の挑戦

英ロンドンで今週の日曜に始まったウィンブルドン選手権。 今年は強豪選手同士の勝敗の行方というよりも

記事を読む

相撲の親方の年収ってぺーぺーでも年収1200万円ってマジなの?

'20年7月夏場所で小結・阿炎が度重なる不品行から引退届を出しましたが受理されませんでした。引退=親

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑