*

今年の風邪は喉から!市販薬で撃退する方法

ad



  

今年の風邪は『かかったな…』と思ったら喉を一気にやられて声が出なくなった、という人が多いタイプです。

風邪は寝るのが一番と言いますが、夜中に咳が止まらなくなると眠れなくなりますよね。そこで喉風邪の原因をつきとめ、短期間で治す方法を書いていきたいと思います。

咳が出る原因は主に2つ

風邪で咳が出る原因は主に2つあります。

一番目はウィルスです。喉にウィルスが付く事により扁桃腺が腫れ、咳が出て熱が出ます。

二番目は埃です。痰が出なくなった後も空咳が続いて、咳喘息に移行するのがこのタイプです。冬に風邪をひくと外気との温度差の激しさから気道が急激に狭くなり、咳が止まらなくなる人もいます。

風邪は先手必勝。ひいたと思った時には、規則正しい生活を心がけ、早めに医者にかかる事が大事です。暴飲暴食はもっての他です。

とはいっても残業続きで医者にかかる暇がないという13日連続出勤のブラックシフトに耐えている方や、病院が開いてる日は全く休みがないという方は、お薬手帳や過去にもらった処方箋を出して見るといいと思います。

お薬手帳には、どの病気でどの薬を、どの分量貰っているか一目瞭然。
医師が処方する風邪薬は、抗生物質の他に、総合感冒薬、症状に合わせた薬が2~3種類と胃薬もしくは整腸剤が処方してあります。何故から抗生物質や、せき止めは胃腸があれるものが多いからです。

また自分が解熱鎮痛に優れた効果を持つと言われていたピリン系薬剤にアレルギーがあるかどうか、卵などにアレルギーがあるかどうかも、お薬手帳があるとすぐ判ります。
最近の頭痛鎮痛剤は殆ど非ピリン系となっているので、気にする程でもないと思います。

抗生物質は残念ながら一般のドラッグストアで市販されていませんが、個人輸入代行サイトで購入する事は可能です。ただしこれは個人の責任で服用される事をお勧めいたします。
抗生物質が決まれば、その後は、一般薬の組み合わせを考えてみましょう。

市販薬で間に合わないの?

ちなみに私が抗生物質以外で、ここ数年風邪にかかった時、医師から処方されてきた風邪薬の内訳は以下の通りになります。

PL顆粒(総合感冒薬)、カルボシステイン500ml(痰きり)、ツロブテロールテープ(気管支拡張テープ)

私はアレルギー性喘息を持っていたので、風邪になると百日咳や気管支喘息に移行する事が多かったので、一回目の診断で咳が喘息の様に収まらなかった時は、漢方の麦門冬湯を処方された時もありました。

咳が続く風邪は体力を消耗しますが、いつもより早寝早起きを心がけ、食べる量を少なくし、気管支に負担をかけないように、冷たいものを飲まず、マスクをしていたのを覚えています。

では、これらの一番近い市販薬の組み合わせはありますでしょうか。
パイロンPL顆粒(シオノギヘルスケア)、ストナ去痰カプセル、などです。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【生活の知恵】【075】桃を無駄なく食べる切り方 ~ルービックキューブ切り~

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

【友だち幻想】ある日突然売れ出した新書の理由

SNSでの言葉のささいな行き違いから炎上に発達する今、9年以上前に高校生向けに書き下ろされた本が売れ

記事を読む

【ゲストハウス】宿が観光客の流れを変える?

海外からの観光客が増える一方で、 ある意味需要と供給がマッチしていないのが、 宿泊施設。

記事を読む

【ビデオテープ】案外知られていない?ビデオテーブの処分・分別の仕方。

昭和、平成の始めの時代には録画媒体として全盛を誇っていた ビデオテープも無用の長物。 今年に

記事を読む

日馬富士暴行事件・2通の診断書の謎・貴ノ岩は重症じゃない?

第70代横綱・日馬富士の暴行・引退疑惑が止まらない中、金曜日午後、日馬富士本人に対する取り調べが始ま

記事を読む