*

受賞は『ムーンライト』!まさかの番狂わせ、89回オスカー作品賞

ad



  

第89回アカデミー賞の発表・授賞式が26日(日本時間27日)に、LAハリウッドで行われ、作品賞は『ムーンライト』が選ばれた


(C)eiga.com
本命は『LA.LA.LAND』と言われ、各国の映画配給会社もそれを信じ臨んだ授賞式で起こった番狂わせ。何が起こったのか。

ムーンライトとは

映画『ムーンライト』は、マイアミの貧困地域に住む黒人青年の、少年時代から青年になるまでの軌跡を追った物語。

マイアミの貧困地域で、麻薬中毒の母(ナオミ・ハリス)にネグレストされて育った少年シャロン(アレックス・ヒバート)が心のより所にしていたのは、麻薬ディーラー夫妻と幼馴染のケヴィンだけ。
シャロン(アシュトン・サンダース)は思春期になり、やがてケヴィンに思いを寄せるようになるが、有色人種だけでなくLGBTへの差別が激しい南部に住むシャロンは、自分の気持ちをひた隠しにして生きていた。
やがてシャロンは、ある事をきっかけに本当の自分に向き合うべく、自分自身を解放しようとするのだが・・・という話。

批評家からの前評判は良く’16年末、米タイム誌が選ぶ『TOP 10 Everything 2016』の映画部門のベスト1がこの映画
だった。

製作はブラット・ピット

僅か500万ドルで製作された低予算映画ながら、質の良さと現代社会の問題を的確に浮き彫りにした事で脚光を浴びたこの映画。

(C)eiga.com
それだけでなく製作者がブラット・ピットという事で、注目を浴びたのもあるかも知れません。

『それでも夜はあける』の製作に携わり、アカデミー作品賞を受賞した彼は、男優賞としてはオスカーに無縁であったとしても、製作でオスカーを取れる確立はこれから先、高いでしょう。
『ムーンライト』が受賞した背景にあるのは、今までのアカデミー受賞作品のあり方や、アカデミー協会の会員の内訳が覆される前兆といえるのではないでしょうか。
いつまでも古きよき時代のハリウッド映画の様な夢物語や、アクション映画ばかり作り、大手配給会社にロングラン配給させても、観客はやがて映画そのものを見捨てるという危惧があるのだと思います。

気になる上映館は

気になる『ムーンライト』の日本公開予定日ですが4月28日から
GW公開予定だそうです。

今回の受賞を受けて、公開日が前倒しになるか、上映館を拡大するかもしれませんね。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

米大統領戦に見る心理学

米大統領戦の指名争いで、公然と語られる様になったのが、 宗教や民族に対する偏見である。 これ

記事を読む

お金払ってでもモノを壊せるレイジルームが流行る?怒れない社会の今

リーマンショック以降米国で人気が出てきたのが『お金払えばモノを壊せる部屋=レイジルーム』です。 日

記事を読む

テンバイヤーに、踊らされない!年末年始は賢いお買い物!

ヤフオクやメルカリなど、個人売買が盛んになった現在。売り手にとって良心的な買い手がつけばよいのですが

記事を読む

何故増える?LINE脈なし男?

公私共々必須アプリの1つがLINE。 その一方で、使う相手、グループに、こんなに私生活 振り回さ

記事を読む

原発再稼働1号の川内は地震多発地、安全の保証はあるのか

日本の原発再稼働への第一歩へ 原子力発電所再稼働の第一号となるのが川内原子力発電所に決定し

記事を読む