*

ad



  

年末年始に映画は何を観に行かれますか?
『スターウォーズ』、『007』、『妖怪ウォッチ』
『スヌーピー』、大作映画目白押しですね。

そんな中、年末年始、大作の影で、ひときわ光る
小品を3つ集めてみました。

ストレイト・アウタ・コンプトン

アメリカの伝説的ヒップホップグループ
N.W.A.の知られざる物語を描いた映画。

’86年にカリフォルニア州コンプトンで、暴力に走らず
ラップという表現で権力者たちに立ち向かおうとしたN.W.A.の
成功、挫折、名誉、影を赤裸々に映し出す。

’15年12月26日より、ブルグ7、バルト9にて公開。

完全なるチェックメイト


伝説のチェス・プレーヤー・ボビー・フィッシャーの半生を
ソ連のチェスマシーン、ボリス・スパスキーとの対戦に
焦点を当てて描いたドラマ。

『スパイダーマンシリーズ』のトビー・マグワイアが主演、製作をつとめ、
ボリス・スパスキー役をリーヴ・シュライバーがつとめる。

’15年クリスマスから、TOHOシネマズシャンテなど、
一部のTOHO系にて上映中。

TOHOの劇場でも上映館が少ないので、事前にチェックして
行く事をお薦めしたい映画である。

美術館を手玉にとった男

貴方の目の前にある絵が『偽物』だとすれば、
しかもそれが何の利益も求めず描かれたものだとすれば?

そんな贋作画家を追うドキュメンタリー。

2011 年、全米全米20州、46の美術館で展示されていた絵画が
贋作である事が発覚

贋作画家の名は、マーク・ランディス。
美術館職員のマシュー・レイニンガーにより、贋作が発見されるまで
誰一人として彼の存在すら気づかなかった。

何故なら、彼は
神父など様々なアイデンティティを使い分け、
作品を美術館に寄贈していたから

しかも作品は、ピカソ、マグリット、ディズニーまで。

それほどの技術を持ちながら、表舞台に出る事がなかった
彼の素顔には驚かされる。

’16年1月よりシネ・リーブル系にて順次公開。

いかがでしたでしょうか。
年末年始に、観に行く映画の幅が広がると
幸いです。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【相棒14】反町相棒スタート!好調な出だしに次クールも期待?

ファン待望の『相棒14』が2015年10月からスタートした。 今回の相棒は、反町隆史。 初回

記事を読む

【出待ち入待ち】マナー違反続出・出待ちトラブルを防ぐには?

そもそも、追っかけに何の興味もない人間からしてみれば、 『出待ち、入待ち』程迷惑な事はない。

記事を読む

何故マツコ・デラックスは毒舌なのにウケるのか

ここまで来ると社会現象の一種だ。 オネエ芸人や女装家は数多く居る。 その多くは一部を除き『嫌味』

記事を読む

ノンスタイル井上の事が嫌いな芸能人たち

ノンスタイルの井上が嫌い!!という芸能人 たくさんいますよね(笑) 今回はその芸能人たちをま

記事を読む

2018年8月公開予定の映画

『劇場版コード・ブルー』が好調だ。 '08年7月に放映開始となり、3シーズン、2つのスペシャル

記事を読む