*

世界初無人ファーストフード店『eatsa(イーツァ)』開店

ad



  

ドローンが食事を運ぶ店がオープンするなど、
外食産業では、コスト削減という意味でサービス特に
人件費を削減している。

そんな中、2015年8月末に、米サンフランシスコで
オープンした世界初無人ファーストフード店が好調なようだ。

ウェイターもない、支払いはクレジットのみの店

店の名前は
『eatsa(イーツア)』。
店内にはウェイターもレジも清掃係も居ない。

eatsainside
注文用のタッチパネル画面が並んだ機械と、
注文した商品を受取る電子レンジの扉状の棚が
コインロッカーよろしくズラリと並んだ店内だ。

詳しくは下の動画をみれば一目瞭然。

支払いはクレジットカードでのみ受付。

カスタマイズもタッチパネル状で行い、
オーダーを通せば、後は出来上がるのを待つのみ。

メニューはベジタリアン向け

共同経営者がGoogleのプロダクト・マネージャーという事もあり、
メニューは、キヌアの入ったサラダボウル8種類と、
チップスのサイドメニュー、
ドリンクというシンプル構成。

サラダは全て6.95ドル(約830円)に統一されている。

電子決済できるサラダバーという感覚が、現在のeatsaの
位置づけだろう。
eatsuabowl
サラダもテリヤキソースや、カレー味、地中海風、
チリコンカンなど、これからバリエーションは
増える予定である。

この手の店は日本で流行るのか?

eatsaでは、ランチタイムにはサラダボウルなどの補充の為に、
7人程のスタッフが、店のバックヤードで調理をしている。

では、この店の様に、注文はipadや携帯などの端末から済ませ、
後はセントラルキッチンでという方式はあるのだろうか。

一部の自家焙煎コーヒーでは、自分の好みを店の
タッチパネルに入力すると、本日のコーヒー、
3~4種類の中から、自動的に好みにあったものを
選んでくれる所がある。

だが、何事も全てこの手の機械任せにしてしまって
いいのだろうか、という懸念も残る。

そもそも私たちは外食産業では何に対して対価を払うのだろうか?


機械に向かって注文して、
機械の向こうから無言で商品が出てくる様な店であれば、
おもてなしは何ひとつ期待できない。

極論こうしたサービスを期待出来ないのであれば、
口コミで評判の惣菜店でサラダボウルを買って、
景色のいい所で食べればいいだけの話である。

この様なサービスが広まるかどうかは、
いささか疑問だと思う。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【除籍本】図書館の除籍本・貰う時のコツ

図書館では、ある一定の基準に達すると、 本の入れ替えの為に、古い本を捨てなくてはいけません。

記事を読む

【メイド・イン・ジャパン家電】海外でバカうけしてるメイド・イン・ジャパンまとめ

昔は『メイド・イン・ジャパン』仕様の製品を そっくりそのまま海外に輸入すれば売れました。 し

記事を読む

駒大合格した欽ちゃんの勉強法はエリート勉強法?

コメディ界でも重鎮と言われる萩本欽一さんが 駒澤大学仏教学部を受験し合格したのが今年冬。 御

記事を読む

はたして冬は暖房なしで生活ができるのか?

先月の東京電力からの請求書を見て正直震えました。 なんと請求金額が1万5千円。

記事を読む

人間関係の揉め事、避ける、仲裁のコツ

この時期多いのが、会社や趣味の仲間同士の忘年会。 仕方なく付き合わされる人が大半かもしれませんし、

記事を読む