*

【スタバ古い】ナイジェリアコーヒー・カフェ・ネオ日本上陸なるか?

ad



  

スタバ、タリーズ、ブルーボトル、
フランチャイズコーヒー店が上陸もしくは新店が
出来る度に並んだ人も多いはず。

でも今、並んだ当時の輝きをコーヒーショップが保っているか
どうかと聞かれたら疑問。

そんな貴方に、
ナイジェリア人兄弟がはじめた
『カフェ・ネオ』が注目を集めています。

カフェ・ネオって

カフェ・ネオは、
ナイジェリア人のンゴシ、チジョーク・ドジー兄弟が、
故郷ナイジェリアで、立ち上げたフランチャイズコーヒー店。


メニューは、スタバやタリーズぽいです。

彼らは、米国や欧州に留学もしくはヘッドハンティングで、
働いていたものの、リーマンショックや金融引き締めなどで、
真っ先にリストラの対称となった故郷ナイジェリアの人たちの為に
この店を開きました。
neo2
故郷に帰っても、仕事先、留学先のいい思い出はなくならない、
そして生産者もコーヒーを味わう時代が来ている事を
世界に示したいという意味もあったのだと思います。

店内の雰囲気作りは、日本の喫茶店?

店内の雰囲気は、他のフランチャイズコーヒー店と同じ。

ラップトップPCを持ち込んだビジネスマンもいれば
カプチーノ片手にチェスに興じる人たちの姿も。
店内にはジャズが流れています

が、日本のスタバの様に、爆買い観光客や子連れママが
騒いだりする様子もない。

コーヒー片手に静々、時にはライブを楽しむといった
良き時代の喫茶店を思わせるスタイルになっています。

店主の采配が店拡大の鍵

ナイジェリアには、既に米国系フランチャイズ店が進出していて
KFCもドミノピザもあります。

でもスターバックスやブルーボトルの様な店はないのです。

ならば自分たちで作り、店のスタイルを『輸出』するのが
兄弟たちの最終目標。

その為にはアフリカという市場をスターバックスに
抑えられるまでに自分たちが押さえなくてはいけない。
neo
問題は、市場拡大や豆の買い付けという面では
商社を通す大手にはかなわないという事。

そこで提案したいのが、今どこのフランチャイズ店でも
弱点となっている、
店のソフトパワーに力を入れる事です。

店長の采配次第で、この店に通い続けたいと
思わせる店の雰囲気作りと労働環境作り。

そこにコーヒーが備われば、カフェ・ネオは
スタバに勝てる見込みは出てくるのではないでしょうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【大相撲春場所】稀勢の里優勝!横綱が与えた勇気

大相撲春場所千秋楽(26日エディオンアリーナ大阪)は、新横綱・稀勢の里(30)が優勝決定戦で、大関・

記事を読む

人間関係の揉め事、避ける、仲裁のコツ

この時期多いのが、会社や趣味の仲間同士の忘年会。 仕方なく付き合わされる人が大半かもしれませんし、

記事を読む

【子ども食堂】子どもたちに暖かい食事を、子ども食堂って?

私が小学校の時でも、学校の長期休暇中に、やせ細る子が居ました。 八百屋の子でしたが、その男の子は、

記事を読む

はたして冬は暖房なしで生活ができるのか?

先月の東京電力からの請求書を見て正直震えました。 なんと請求金額が1万5千円。

記事を読む

【砂の塔】タワマン格差を描くドラマの向こうに見えるもの

駅前タワマン建設が進む現在。 タイムリーに放映されているのが、'16年秋ドラマの1つ 『砂の塔~

記事を読む