*

【スタバ古い】ナイジェリアコーヒー・カフェ・ネオ日本上陸なるか?

ad



  

スタバ、タリーズ、ブルーボトル、
フランチャイズコーヒー店が上陸もしくは新店が
出来る度に並んだ人も多いはず。

でも今、並んだ当時の輝きをコーヒーショップが保っているか
どうかと聞かれたら疑問。

そんな貴方に、
ナイジェリア人兄弟がはじめた
『カフェ・ネオ』が注目を集めています。

カフェ・ネオって

カフェ・ネオは、
ナイジェリア人のンゴシ、チジョーク・ドジー兄弟が、
故郷ナイジェリアで、立ち上げたフランチャイズコーヒー店。


メニューは、スタバやタリーズぽいです。

彼らは、米国や欧州に留学もしくはヘッドハンティングで、
働いていたものの、リーマンショックや金融引き締めなどで、
真っ先にリストラの対称となった故郷ナイジェリアの人たちの為に
この店を開きました。
neo2
故郷に帰っても、仕事先、留学先のいい思い出はなくならない、
そして生産者もコーヒーを味わう時代が来ている事を
世界に示したいという意味もあったのだと思います。

店内の雰囲気作りは、日本の喫茶店?

店内の雰囲気は、他のフランチャイズコーヒー店と同じ。

ラップトップPCを持ち込んだビジネスマンもいれば
カプチーノ片手にチェスに興じる人たちの姿も。
店内にはジャズが流れています

が、日本のスタバの様に、爆買い観光客や子連れママが
騒いだりする様子もない。

コーヒー片手に静々、時にはライブを楽しむといった
良き時代の喫茶店を思わせるスタイルになっています。

店主の采配が店拡大の鍵

ナイジェリアには、既に米国系フランチャイズ店が進出していて
KFCもドミノピザもあります。

でもスターバックスやブルーボトルの様な店はないのです。

ならば自分たちで作り、店のスタイルを『輸出』するのが
兄弟たちの最終目標。

その為にはアフリカという市場をスターバックスに
抑えられるまでに自分たちが押さえなくてはいけない。
neo
問題は、市場拡大や豆の買い付けという面では
商社を通す大手にはかなわないという事。

そこで提案したいのが、今どこのフランチャイズ店でも
弱点となっている、
店のソフトパワーに力を入れる事です。

店長の采配次第で、この店に通い続けたいと
思わせる店の雰囲気作りと労働環境作り。

そこにコーヒーが備われば、カフェ・ネオは
スタバに勝てる見込みは出てくるのではないでしょうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

発症一週間以内で死の危険!劇症1型糖尿病とは?

糖尿病は生活習慣が原因で発症する2型と、小児期に免疫細胞が誤って膵臓のβ細胞を破壊する事で体内でイン

記事を読む

ジム殺傷事件にみる、スポーツクラブでのモラル低下とは

今月22日、長崎県にある24時間営業ジムで殺傷事件があった。 事件があったのが、午前9時と午前中だ

記事を読む

捨てられる傘に命を吹き込むCASA PROJECTが凄い

忘れ物No.1と言われるのが『傘』。 日本で年間約1億2000万本。 傘の修理代金は、購入価格の

記事を読む

2017年スマホサイズの薄くて便利な手帳まとめ

スマホを使うのが当たり前になった現在。 今更手帳って…と思う人もいるかもしれません。 だから

記事を読む

【お菓子はずし】OLや派遣の恐怖・自分だけ配られない職場のお土産

お菓子はずしというのがある。 職場、サークル仲間などで上司、仕切っている人が、 職場の人やお

記事を読む