*

処方箋なしで医療用医薬品が買える零売薬局って?

ad



  

スイッチOTCが、ここまで増えた現在でも、いざとなると処方箋で出して貰った薬の方が効果抜群、という事はないだろうか。
だが、即効性のある医療用医薬品が余ってるとすれば、貴方はどう思うだろう。

薬は年間100億も余っている

処方せん薬局は、患者が1人もしくは症状1つであったとしても、薬は卸から
箱買いしなければいけないのです。

ここ数年、小分けしてくれる卸も出てきましたが、小分けしてくれる代わりに箱買いに比べ薬価が5~8%高くなるので、結局箱買いしてしまい、余剰分はデッドストック(不動在庫)として倉庫に眠る事になってしまいます。かといって薬局の経営を考えると頻繁に小分けを買うわけにもいきません。

薬の使用期限は3年が一般的である為、全く処方されない薬や薬価が高い薬は仕入れたものの、結局廃棄する事になってしまいます。廃棄処分は特定の業者に依頼しなければいけないので処分費もかかります。

1つの薬局につき年間平均廃棄医薬品の金額が20万円で、全国の調剤薬局が57000件ありますので軽く見積もっても、年間100億の医療用医薬品が廃棄処分となっているのです。

一部のチェーン店薬局では、余剰分を他の系列薬局に回し、使用期限内に使い切るという努力もしています。こうするとコストは実質0円で済みます。

中古医薬品を取り扱う買取、仲買は製薬卸や調剤薬局チェーン店が中心となり展開しているが、手数料を取られる事と、薬を買いたたかれる事もあり、利用している薬局数で数えるとまだまだ少ないといっても過言ではありません。

処方箋薬局の薬に余剰分が出る間接的原因として、人が病気になっても医者にかかれないという現在の社会状況が挙げられる。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【同窓会・合コン】幹事必見・同窓会でウザがられる人理由まとめ

職場で開かれる○周年記念パーティーって出なきゃいけないの? 同窓会の案内キター-----! ・・

記事を読む

2018年3月公開の注目映画まとめ

来月公開の映画は、アカデミー賞ノミネート、受賞本命と言われる作品や、マーベルヒーローが公開になる。

記事を読む

【暴走妻】スクール、追っかけ、不倫、ブラック家族を作り出す暴走妻たち

この人となら、人生を歩んでいけるかもしれない、 という『一時の錯覚』で結婚した。 以前は、こ

記事を読む

旅行したいと思ったらまずコレ!旅行計画に便利なサイト『旅トレ』の紹介

旅行を満喫したいと思ったら、見たい景色・訪れたい場所など、まずはできるだけ自分の希望に合った旅行計画

記事を読む

受賞は『ムーンライト』!まさかの番狂わせ、89回オスカー作品賞

第89回アカデミー賞の発表・授賞式が26日(日本時間27日)に、LAハリウッドで行われ、作品賞は

記事を読む