*

就活の参考書『井田寛子』さん

ad



  

就職活動を始めた大学生はNHKのお天気お姉さん・井田寛子さんに学べ。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakajimayoshifumi/20131202-00030271/

o0640036010226700140

就活に臨む学生たちへの提言ともいえる記事でしょうか。気象予報士として活躍する『井田寛子』さんが書いた本を紐解きながら、就職するにあたっての考え方や捉え方が記されています。華やかな世界で仕事をする井田さんですが、その経歴には驚かされてしまいます。

その驚くべき経歴

ほぼ毎日NHKニュース9を観ている私にとって、当然ながら『井田寛子』という名前も毎日耳にします。少し早目の口調ではありますが、発音・発声共に美しく、ひとつひとつの言葉がすべてすーっと耳に入ってきます。
ニュース番組にあまりに溶け込んでいるため、この記事を読むまで、この人はNHKにアナウンサーとしてすんなりと入り、その後気象予報士の資格を取った、いわば華々しい道だけを歩んできた人だろうと思い込んでいました。

ところが、大学受験の失敗、就職試験の失敗と、決して平坦な道を歩んできたわけではないようです。第一志望にことごとく落ちるも、それをばねに粘り強く自分の夢を追い続けた、そんな人だったのです。
かくいう私も、かつて希望する職業がありましたが、夢だけでは食べていけません。結果的に希望とはかけ離れた職種の会社に就職したのですが、働くこと数年、気が付くとあれほど焦がれていた職業への執着は消え、代わりに目の前にある仕事に面白さを見出していたのです。

結局、その会社には30年ほどお世話になりました。憧れていた職種は趣味になり、いつしかその趣味さえも別のものへと変化していきました。
この記事を読み、『井田寛子』という人は、夢を持ちながらも色々なことに真剣に向き合い取り組んだ、それが最終的に希望する場所に立つ結果を招いたのではと思います。もちろん、夢を持ち日々努力することは素晴らしいことですが、夢があるからと言って、それ以外のことには目もくれないなどとはもったいない、とも感じるのです。私のような例もあるのですから。

さて、これから就職する学生たち、既に働いている若者たち、彼らはどのような道を選ぶのでしょうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

春に散る:沢木耕太郎氏の朝日連載がもたらしたもの

朝日新聞に連載中の『春に散る』が 今月末で終わる。 (C)asahi.com 朝日新聞朝刊

記事を読む

大阪府警がまた誤認逮捕!過去の事例などまとめ

大阪府警のオハコ”誤認逮捕” ヤフーのニューストップにこのような記事がありました。 大阪府警鶴見

記事を読む

【50-80問題】老々介護が増える理由は、同類同志が固まる日本人独特の社会にある?

日本の高齢化社会で取り上げられるのが、 50-80問題です。 高齢化した親を、独身の子供が1

記事を読む

【はやり目】感染率100%、流行性角結膜炎って?

コンタクトをしっ放し寝てたら、目がゴロゴロする、 そのまま会社でパソコンの事務をしてたら コ

記事を読む

ボランティアストーカーとは、被害に遭わない為には?

あなたの個人情報は大丈夫か 裏社会ジャーナリストの丸山佑介さんが、「ボランティアストーカー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑