*

江田憲司の策略か

ad



  

江田氏の離党でみんなの党は

江田氏離党でみんなの党分裂は不可避(NHK)により

江田氏は、「みんなの党は、自民・公明両党では不可能な改革を実現するために結党したにもかかわらず、補完勢力になりかかっている。渡辺代表との路線の違いは解消できず、党を離れ、野党再編を実現したい」として、9日離党届を提出し、年内に新党の結成を目指す意向を固めました。

秘密保護法案に関しての自民党との合意などに不満を感じ、江田氏は渡辺代表に不満を抱いていました。新党結成ということになるようですが、どのような政党になるのか見ものです。

江田氏について思う事

最初に国会議員の選挙に出馬したのは2000年。その時は自民党公認だったが、落選しました。その後無所属で2002年に当選し、その後落選当選を経験し、2008年に渡辺代表と手を組んでみんなの党を結成します。

今年8月に幹事長を辞めさせられて、そうとう不満があったんじゃないでしょうか。

そもそも指名選挙で自分の名前を書いて投票するくらいの人ですから、1番でいたい人なのではないでしょうか。みんなの党結成時も、本当は党首になりたかったけど、うまくいかなかった。

しかし、党に入り多くの国会議員と同じ党で接することで、党内における自分の影響力を高めていった。そして、こうしたタイミングで離党・新党結成することによって、数名の国会議員を引き連れていける。

最初からこういう目的があったんじゃないかと感じてしまいます。

 

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

発言撤回からみる石破幹事長とは

自民党の石破幹事長は、特定秘密保護法案に反対する国会周辺のデモを取り上げ「絶叫戦術はテロ行為と本質で

記事を読む

【宮崎不倫相手】元国会議員・宮崎謙介の不倫相手は、地雷女だった?

先日議員辞職を表明した宮崎謙介衆院議員(35)だが、 ようやく、原因となった不倫相手の素性が明らか

記事を読む

【安保法案可決】安全保障関連法可決・何故NOと言えない自民党になったのか?

2015年9月19日未明、安全保障関連法が、参議院本会議で、 賛成148票、反対90票で可決された

記事を読む

コンサルが明かす、政治家とCEOの条件

田中角栄が一番怖かったのは、 私生活の問題を解決できなかった事だ。 ご存知の通り、田中角栄に

記事を読む

熊本地震の後に見えた業界の本音

今年4月14日に、熊本を襲った未曾有の地震は、 芸能界、政治界、各方面の『本音』を曝け出した。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑