*

6月の和菓子・水無月の由縁とオススメ

ad



  

6月の和菓子といえば、水無月です。

ところで、何故6月に三角ういろうに小豆の乗った
水無月を食べる様になったのでしょうか。

夏越祓とは

水無月は、京都の各神社で行われる
『夏越祓(なごしのはらい)』

という行事に関係しています。

無病息災を願い、半年間の罪や穢れを祓う行事を大祓いと言いますが、
これは年2回あり、毎年6月末に行われるものを夏越祓、
12月末に行われるものを、年越しの祓いと呼びます。

夏越祓は、夏の疫病と災難から人々を守り、半年間の罪や穢れを祓い、
残り半年の無病息災を祈願するのが目的です。

okazaki
©岡崎神社

各神社では、6月末に神社の境内に茅(ちがや)で作った大きな輪がもうけられます。
これを『水無月の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり』という古歌を唱えながら、
左回りに8の字に潜り抜けると、夏の疫病や残り半年の無病息災が約束されるそうです。

また参拝者や崇敬者は、神社で購入もしくは配られた、
紙の人形に姓名を書き、それで体の悪い部分を撫でてから祈祷して貰うと
夏越祓になると言われています。

暑さをしのぐ季節の和菓子だった

旧暦6月1日は、今の暦になおすと、
6月末~7月初頭になります。

’16年ですと、7月4日です。

和菓子の水無月は、旧暦6月1日、氷の節句と呼ばれた頃、
夏越祓の時期に食べる和菓子として定着しました。

室町時代に、誕生した水無月は当初、
三角の氷の上に、小豆が乗っているものでした。

koori

冷蔵庫もなかった昔、京都の北山には冬の氷を貯蔵しておく『氷室』があり、
そこから宮中に氷が運ばれてきたそうです。

そこで貴重品だった氷の上に、疫病祓いの意味も込めて小豆をのせ
水無月の原型を作り食べていたと言われます。

庶民には、氷は貴重品でしたので、氷に見立て、
土台を白いういろうにした、という事なのです。

オススメの水無月は

今発売されている水無月でお勧めのものは何でしょうか。

それぞれ好みがあるとは思いますが、
1:比較的路面店やデパートで、手に入りやすい
2:6月に入る前から売ってる事もある。

という点で選ぶと、
sentaro
©高島屋

仙太郎(伊勢丹、大丸、高島屋など)
とらや(赤坂本店、伊勢丹、高島屋他)
永楽屋(本店、室町、東京、高島屋、大丸など)
があります。

土台の、ういろうが『白』以外にも抹茶、黒蜜など
選べるのが特徴です。

後、年中のお取り扱いとなりますが、京都にある
『月餅屋直正(つきもちや なおまさ)』さんが作る、
栗入り水無月は、小豆も栗も入っていながらさっぱりして
美味しいと評判です。

いかがでしたでしょうか。
水無月の由来を知った後で、和菓子の食べ比べをしてみるのも
いいかもしれません。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

フォロワーが1000人を越すFBユーザーは孤独感を感じる

10代~20代のFB離れが進む一方で、何千人という友達やフォロワーを持つ人が居ます。 友達の数も上

記事を読む

イベントで招かれざる客が出来る理由は何故なのか

この時期イベントや女子会、飲み会が多くなります。 イベントや女子会はワイワイ盛り上がっても、 後

記事を読む

貴方の企画が上司に通らない理由は何なのか?

仕事を円滑に進め、他の部署との連携を深める為に、 今までのやり方を変える必要が出てきた。 し

記事を読む

自動車保険の等級制度、今一度確認を!

自動車保険の見直ししてますか? 自動車保険の保険料は等級制度を採用している。事故の有無によ

記事を読む

【終活】お墓が危ない!霊園倒産?離檀料数百万?

お盆やお彼岸にお墓参りをしている人であれば、貴方の先祖代々の墓地がきちんと管理されているかどうかチェ

記事を読む