*

貴方の企画が上司に通らない理由は何なのか?

ad



  

仕事を円滑に進め、他の部署との連携を深める為に、
今までのやり方を変える必要が出てきた。

しかし肝心の上司が原因で、部下の斬新なアイデアが
組織に伝わらないケースが後を絶たない。

俺のやり方が気に食わないのかと思っている輩も大勢居る

本来、部下、しかも手厳しく、物事を客観視出来る部下から、
提案が挙がってくれば、上司は歓迎するべきである。

だが、自分の事で手一杯の人間が上司だと部下は不幸だ。
彼らは、『俺のやり方が気に食わないのか』と
口には出さないが思っている。
zyoushi
その為、彼らは
部下の提案、特に頭のいい部下からの提案を喜ばない場合がある。

部下のタイプ別、人あたり別で、使い分ける上司

部下の提案を却下する上司を観察すれば、
どの様な状況、タイプの部下が案件を却下されやすいか判る。

部下Aと部下Bが上司に提案した内容が、ほぼ同じだと仮定する。

上司が、部下Bの内容は
『そういう意見もあるのか』と素直に受け入れているにも関わらず、
部下Aの意見に対しては、

『○○な見解もあると思わない?』と、
聞いてもいない自説をぶちまけ、
部下の提案をねじ伏せているようであれば、

上司として以前に人間としての器も狭い。

あてにならない上司と判断すれば良い。

いかがだろうか。

以前、関東では成功した事例を、そのまま関西に持ち出す
地域の領域や、ビジネスの特殊性を考慮しない上司に出くわした。

彼の提案の甘さに私は切りこんだが、彼は
自分の事例を無言で支持してくれる社員を持ち上げ、
結果として、彼の提案は失敗に終わった。
buka_hiiki_dame_s
この例を見ても判るとおり、部下は上司のファンではない。
ビジネスの場において、結果を出す、成功したければ、
部下からの冷静な提案もあえて受けるのが上司というものだ。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

読売育英奨学会のメリットと口コミ!体験談

新聞奨学生はつらいだけじゃない!?読売育英奨学会のメリットと口コミ!体験談をご紹介します!

進学を考えるときに、学力や進学先の問題のほかに学費の問題をクリアする必要があります。そのよう

記事を読む

実はアルコールより怖い依存症とは?

一般に、アルコールや煙草などの嗜好品、パチンコなどのギャンブル、 大麻などの麻薬の依存症は、抜けら

記事を読む

海外では当たり前?リスクに備える損保新商品

日本では、生保をはじめ、人の命に関わるものが保険会社から保険化され 売り出されている。 自賠

記事を読む

処方箋なしで医療用医薬品が買える零売薬局って?

スイッチOTCが、ここまで増えた現在でも、いざとなると処方箋で出して貰った薬の方が効果抜群、という事

記事を読む

【50-80問題】老々介護が増える理由は、同類同志が固まる日本人独特の社会にある?

日本の高齢化社会で取り上げられるのが、 50-80問題です。 高齢化した親を、独身の子供が1

記事を読む