*

貴方の企画が上司に通らない理由は何なのか?

ad



  

仕事を円滑に進め、他の部署との連携を深める為に、
今までのやり方を変える必要が出てきた。

しかし肝心の上司が原因で、部下の斬新なアイデアが
組織に伝わらないケースが後を絶たない。

俺のやり方が気に食わないのかと思っている輩も大勢居る

本来、部下、しかも手厳しく、物事を客観視出来る部下から、
提案が挙がってくれば、上司は歓迎するべきである。

だが、自分の事で手一杯の人間が上司だと部下は不幸だ。
彼らは、『俺のやり方が気に食わないのか』と
口には出さないが思っている。
zyoushi
その為、彼らは
部下の提案、特に頭のいい部下からの提案を喜ばない場合がある。

部下のタイプ別、人あたり別で、使い分ける上司

部下の提案を却下する上司を観察すれば、
どの様な状況、タイプの部下が案件を却下されやすいか判る。

部下Aと部下Bが上司に提案した内容が、ほぼ同じだと仮定する。

上司が、部下Bの内容は
『そういう意見もあるのか』と素直に受け入れているにも関わらず、
部下Aの意見に対しては、

『○○な見解もあると思わない?』と、
聞いてもいない自説をぶちまけ、
部下の提案をねじ伏せているようであれば、

上司として以前に人間としての器も狭い。

あてにならない上司と判断すれば良い。

いかがだろうか。

以前、関東では成功した事例を、そのまま関西に持ち出す
地域の領域や、ビジネスの特殊性を考慮しない上司に出くわした。

彼の提案の甘さに私は切りこんだが、彼は
自分の事例を無言で支持してくれる社員を持ち上げ、
結果として、彼の提案は失敗に終わった。
buka_hiiki_dame_s
この例を見ても判るとおり、部下は上司のファンではない。
ビジネスの場において、結果を出す、成功したければ、
部下からの冷静な提案もあえて受けるのが上司というものだ。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【サプライズ】間違うと危険!彼女へのサプライズより大事なもの

冬は忘年会、飲み会、クリスマスなど、イベントの多い季節。 お目当ての女性を誘う絶好の機会でもある事

記事を読む

千葉駅周辺の居酒屋さんまとめ!

女子会にもオススメな、ちょっと変わった千葉駅周辺の居酒屋さんを紹介します! 「マジック

記事を読む

西城秀樹逝く!早すぎた死の影に隠された謎とは

2018年5月16日。歌手の西城秀樹が、急性心不全の為亡くなった、享年63歳だった。 西城秀樹さん

記事を読む

超ニッチなのにライバルなし!シートに拘り1世紀?

競争率の激しい分野で勝てばビジネス界の勝者とも限らない。 日本が元々得意としてきた ニッチな分野

記事を読む

【SMAP解散】SMAP解散に見る業界争いとは?

ジャニーズ事務所の看板でもあったSMAPが 解散という衝撃のニュースが走り、ファンが騒然としている

記事を読む