*

【女上司・女ボス】自称サバサバ、フレンドリーな女に要注意!その理由

ad



  

部署の管理職の男性や、女性管理職に受けがいい。
自称『サバサバ系、フレンドリー系』を装っている女性は
居ないだろうか。

この様に、密かに組織内で密かに幅を利かせている
『自称サバ・フレ女』のペースに巻き込まれると、
貴方の自由の時間も人格もなくなる
のである。

自称サバ・フレ女とは?

これらの女性に共通するのは、自意識過剰。その証拠に、
『私ってサバサバしてるからさ~』
『私って、メンタル弱いからね~』

と、自分の性格をアピール。

周囲は、誰もサバサバしているとも気が弱い人とも思っていない。
口にしないだけである。
巻き込まれたくないから適当にあわせている。

その理由は彼女たちの中身にある。
onnazyoushis
中身はいたって正反対。
超女子で、嫉妬深く、強気の小心者で、
1人では反撃に出ないが、誰かを巻き込んで
気に食わない人間を見つけると猛攻撃するのが
このタイプである。

自分の我侭を巧妙な手口で周囲の人に聞いてもらおうとする

彼女らの振る舞いに共通しているのは一見
全く害がなさそうに見える所である。

外見や目つきが、いかにも怖い人なりオーラがある人なら
それなりの警戒はするだろうが、
彼女たちの恐ろしさは、蝶を罠にかける蜘蛛の様でもある。

彼女たちは、合理的に役に立ちそうな人間と、
役にたつ上に、歯向かうと怖い人間にだけ、
ホメまくったり世話好きな一面を見せる。
rasubosu_s
その一方で、カチンと来ることがあると

『○○さんってさぁ~、こうしてくれたらいいのにね~』

と聞こえよがしに言ってみたり、
部署内で、自分以上に力を持っている女性管理職相手にに、
『あの人酷い』と言いがかりをつけたりする のは
この手のタイプである。

具体的な対策は?

自称サバフレ系も、1人では出来ない。
本当の姿は、
認められたいカマッテチャン

であり、直属の男上司や面倒をみた女管理職が
間違った褒め方や、部下の競わせ方をした為に、
こうしたサバフレが出てくる。

半分は上司の責任であって、全て彼女たちの責任ではない。

では具体的な対策はないのだろうか?

もしも、この様な自称サバフレ女が、
会社のプロジェクトチームや、お稽古事仲間に
入っていたとする。

大抵、この様な女性はお仲間さんが居る時は、うるさいが、一人だと、
存在すら消える事が多い
その時がチャンスでもある。
room_s
貴方が居なくても世の中は、回るという態度を
周囲の人間が示すことだ。

誰にでも平等に接し、1人でも凛としたオーラを放つ人が
本来であれば場を仕切るべきである。

だが、これらの人は自称サバフレ系が一人でも場に居ると
居心地悪くし、仏頂面をしている事がある。
それは自分の為でなく他人の為だ。

自称サバフレ系女上司や同僚女を撃退する過程で、
この様に埋もれている人をみつける事が、
貴方の職場環境を良くする秘訣である。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

成宮寛貴突如芸能界引退!フライデーとの確執は?

俳優の成宮寛貴(本名:平宮博重:34)が、今月2日発売の 写真誌『FRIDAY』に違法薬物使用現場

記事を読む

【豪栄道】全勝優勝その表と裏

先日行われた大相撲秋場所千秋楽で、 大関・豪栄道は、琴奨菊と大関同士の一番に勝ち、全勝優勝。

記事を読む

【デザインオーダー】デザインオーダーできる、カジュアルシューズメーカーまとめ

スニーカーが男女問わず流行りだしたのは、数年前。 そろそろ既製品では満足出来ない人も出てきているは

記事を読む

【衣替え】要らない洋服はリサイクル・洋服のリサイクルやってる企業まとめ

毎年季節の変わり目になると、 着ない洋服って出てきますよね。 そんな時は、百貨店やスーパーが

記事を読む

のどぬーるスプレー、太田胃散、フェイタス…現役医師たちも頼る!最強の市販薬はこれだ!

医療の最前線で働く現役の医師たちでも体調が悪くなる時はある。 そんな時に彼らが最先端医療にかか

記事を読む