*

追悼たかじんさん”胸いっぱい”の武勇伝数々…

ad



  

WS000052HPより

たかじんは豪快な男だった

関西の雄、やしきたかじんさんがお亡くなりになりました。関東在住の方でもご存知の方は非常に多いはずです。また、周知の通りとても破天荒な方で、その武勇伝は数知れません。

訃報にあたり、あらゆる芸能人の方々より多くのコメントが寄せられています。それらのいずれも、故人のお人柄を偲ぶとともに、過去のエピソードについて、懐かしさや、感動、感謝を込めたお気持ちが読み取れます。その中でも特に印象に残った出来事について書かせていただきます。

必要以上に”ぼったくられる”?!

トミーズ雅さんの話です。頻繁に夜の街に連れて行ってもらったある日のこと、「ぼったくりバー」にわざわざ入店したそうです。請求は「甁ビール2本で5万円!」。すると、たかじんさんは「暴力バーなら10万円取らんかい!」と、現金10万円を叩き付けたということです。ものすごいですね。そうしたら、その筋らしき怖い人が現れました。と、思ったら、宴会モード全開で盛り上がったらしいです。

もうひとつ、雅さんの結婚披露宴には、ホステスと芸妓9人を連れて出席し、祝儀は安価な封筒に鉛筆で「たかじん」と記してあるだけだったのに、中には50万円も入っていたとのことです。

義理人情に厚い一面も

二つ目は大平サブローさんの話です。ある時期、サブローさんは吉本興業から独立していましたが、やはり仕事は思うようには行かず、やがて復帰を考えていたそうです。その頃、たまたまクラブでたかじんさんに会った際、当時の吉本の会長と常務のところに連れていかれ、何をするのかと思ったら、「こいつを吉本に戻したっておくんなはれ 」と土下座をしてくれたそうです。

この行動により、会長と常務は納得しサブローさんとの手打ちとなりました。この出来事について、サブローさんは感謝するとともに、「涙は出るけど、まだ実感が沸かないですね」と突然の別れを悲しんだそうです。

 

まだ他にもいろいろあります。一晩で18軒梯子とか、料理コーナーでただ味の素が無かったといいうだけで、セットを破壊するとか。なんでそんなに味の素に拘ったのかわかりませんけど。およそ一般人には理解できかねる話が多いです。でも、多くの人々に愛されていたことはよく分かります。

私は関東在住なのですが、テレビの録画でしか、たかじんさんの番組を観る機会はありませんでした。観るたびにスカッとする爽快感はたまりませんでした。そしてMCのキャラとは真逆の余りにも切ない歌唱。なんと言っても早すぎる死、残念です。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

女子大生アイドル重体に見る、会いにいけるアイドル終焉

『会いにいけるアイドル』の時代は、 終わりつつあるのかもしれない。 (C)SOLID GIR

記事を読む

泣ける家族映画

泣ける!家族映画10選(大学院で映画を専攻していた映画マニアが推薦)

はじめに  映画とひと口にいっても、アクションやコメディなど、さまざまなジャンルがあり

記事を読む

何故マツコ・デラックスは毒舌なのにウケるのか

ここまで来ると社会現象の一種だ。 オネエ芸人や女装家は数多く居る。 その多くは一部を除き『嫌味』

記事を読む

『明日、ママがいない』は放送継続、しかし放送打ち切りもあり得るか

先週の水曜日から始まった日本テレビの連続ドラマ「明日ママがいない」は超人気子役の芦田愛菜が主演であっ

記事を読む

2016年12月公開映画まとめ

いよいよ今年も残す所あと、ひと月。 映画のオススメラインナップも、沢山出てきました。 そんな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑