*

「明日、ママがいない」スポンサーゼロでも続ける理由が3つあった!日テレの引くに引けない戦い!

ad



  

WS000046

「あかちゃんポスト」を運営する慈恵病院などによる「明日、ママがいない」に対する抗議によって、8社いたスポンサーが5社見合わせを決定していたが、1月27日、ついに残りの3社も見合わせを決定した。

最近でも某社バラエティ番組が「不適切な内容がある」として抗議を受け、即打ち切りになった。

何故、このドラマは即打ち切りにしないのか。

それには日本テレビが抱える3つの呪縛があるという。

【以下引用】

社会問題化する日本テレビ系連続ドラマ「明日、ママがいない」の主要スポンサーが“ゼロ”になった。27日、スポンサー3社が新たにCM放送見送りを決め、これで全8社が“降板”する前代未聞の異常事態に。それでもこの日、同局の大久保好男社長(63)は、定例会見で放送継続を明言。脚本や演出も変更せず、全9話を放送する。他局なら「打ち切りやむなし」だというが、日テレには放送中止にできない“3つの呪縛”があった――。

「事実上のスポンサーゼロの状況で、番組存続なんて聞いたことありませんよ!」

そう驚くのは他局の関係者だ。児童養護施設を舞台とする同ドラマをめぐっては、「赤ちゃんポスト」を運営する慈恵病院や全国児童養護施設協議会などが「子供や職員への誤解や偏見を与えかねない」と放送中止、改善を求め続けている。

これを受け、先週までにスポンサー8社のうち5社がCM放送の見合わせを決定。そして27日、最後のとりでだった「花王」「三菱地所」「小林製薬」の3社も追随してゼロとなった。それぞれ同局との契約は継続しており、スポンサー収入面での影響はないとみられる。とはいえ、全スポンサーがCM放送を見合わせる事態は、震災などを除けば、極めて異例だ。

「TBSの深夜バラエティーで先日、不適切な内容があるとスポンサーから声が上がり、番組は打ち切りになった。それほどスポンサーの反応はテレビ局にとって重要。普通なら即打ち切りレベルですよ」(同)

だが、同局の大久保社長は会見で「事態を重く受け止めている」と言いつつも放送継続を明言。同席した制作局長も「脚本、演出を変えることなく最後までいけると確信しています」と語った。

日テレは、なぜここまで放送継続にこだわるのか。その裏には“3つの呪縛”が…。

東スポwebより(続きあり)

これに対しツイッター上では・・・

 

 

などの声があがっている。

しかし同ドラマは、普段の施設の状況を知らない人々から見ても過激な施設であることは間違いないだろう。

一つのドラマとして見届けていくことはできないのだろうか。

これらを踏まえ、日本テレビは同ドラマの内容を変更するようだ。

スポンサー料で経営していくのは、テレビ局の限界か。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【豪栄道】全勝優勝その表と裏

先日行われた大相撲秋場所千秋楽で、 大関・豪栄道は、琴奨菊と大関同士の一番に勝ち、全勝優勝。

記事を読む

6月公開のオススメ映画

6月8日から、是枝監督の『万引き家族』が公開になる。 祖母・初枝(樹木希林)の年金を頼りに、信

記事を読む

ブレーク寸前?!可愛すぎる「芸人」鈴川絢子とは

鉄道好き芸人として活動する鈴川絢子さん ※追記 本当に、よしログPRESENTS「第

記事を読む

原史奈と中西哲生が離婚…原因は一体?

スポーツ報知によると原史奈と中西哲生が離婚することになりました。 関係者によると、2人は数か月前か

記事を読む

【ゲロッパ】ジェームス・ブラウンって知ってる?

昔、カップヌードルのCMで 『ミソッパ!』 と叫びながらハデハデのブルーのスーツを着て 激しく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑