*

海外では当たり前?リスクに備える損保新商品

ad



  

日本では、生保をはじめ、人の命に関わるものが保険会社から保険化され
売り出されている。

自賠責、高額医療(ガン、白内障など)、地震、火災保険などが一般に知られていて、
ここ十年で『将来に備えて』という意味でようやく定着しつつあるのが、
『毎月積み立てる年金受け取り保険』だ。

その一方で、海外では、様々な『リスク回避型保険』が商品として売り出されている。

どの様なものがあるだろうか。

スポーツ選手のケガに備える保険

日本ではお目にかかれない保険の一つが、年棒補償保険だ。
yakyukansen
例えば野球では、一流選手は球団側が高額の契約金と共に年棒を支払う。
しかし入団数年で、病気やケガをしても、球団は契約上年棒を払わなければいけない。

そうしたリスクに備えて、万が一選手がケガをした場合には保険で補填するというものだ。
またこれは、満期に引退後のスポーツ選手の生活の足しになるようになっている。

保険のメリットといえば、現在問題となっている、野球賭博を未然に防ぐ事だろう。
オプションに、選手に犯罪履歴があるものには支払いをしないとつけたせばいい。

M&Aに備えた保険

昨年、損保ジャパンが売り出した保険に、表明補償保険がある。

日本企業が海外企業を買収する件数は
年間500件以上

ma
M&Aのリスクに、備えた保険だ。

M&Aに置いて必要なのは、株式譲渡契約書、買収契約書だが、これが
事実であるという表明保証書が必要となる。

もし内容に不正があれば、裁判になるが、この時の裁判費用を負担するのが
この保険だ。

M&Aを持ち掛けた海外の企業先から逆に加入を勧められたという
日本企業が今まで多かったというこの保険、待望の商品化である。

株主からの損害賠償請求に応える保険

会社は事業を拡大し投資をしたものの、不本意にも
巨額の損失を出してしまう事がある。
株主から損害賠償請求を出されてしまう事があるだろう。
do
その際に、正当な理由であれば、損害賠償にかかった費用を
負担出来る保険(D&O保険)が、東京海上からリリースされた。

東京海上は、この手の訴訟に詳しい、米HCCインシュアランスを買収。
徹底研究後に、保険をリリースした。


ただし、この保険
役員の不祥事、公害病、不正隠しなどには使えない

当たり前の話だが、リスクに備える保険は悪用はあってはならない。

他にも、工場が地震や火災で損失を出した場合に、損失補てんをする、
利益保険というものも、存在する。


日本では、既に保険化された商品を産み合わせ、いかに
顧客のニーズに合わせるかが保険外交員に求められるが、
諸外国では、

顧客のニーズに合わせた保険を作る
事も求められていると思う。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

安室奈美恵電撃引退!原因は?その後の活動予定は?

歌手・安室奈美恵の電撃引退騒動で、芸能界のみならず、世間のざわめきは止まらない。 海外に到着しまし

記事を読む

ドワンゴの受験料撤収には賛成する

ドワンゴは、2015年の新卒入社試験で、2525(ニコニコ)円の受験料を徴収することを発表しました。

記事を読む

廃部どころか廃校の危機?PLの命運は?

7度の甲子園制覇を誇るPL学園(大阪府富田林市)は、 '16年の夏の高校野球大阪大会初戦で東大阪大

記事を読む

【視聴者無視】第67回NHK紅白歌合戦の大コケ騒動

NHKが、新しいスタートと意気込んだ 第67回NHK紅白歌合戦の世間受けは大コケに終わった。 今

記事を読む

春に散る:沢木耕太郎氏の朝日連載がもたらしたもの

朝日新聞に連載中の『春に散る』が 今月末で終わる。 (C)asahi.com 朝日新聞朝刊

記事を読む