*

ad



  

競争率の激しい分野で勝てばビジネス界の勝者とも限らない。
日本が元々得意としてきた
ニッチな分野で世界シェアをトップを争える産業

が、まだある。
その内の1つを、今回は紹介したい。

ライバルなしのニッチ産業

コトブキシーティング
は、創業1914年。
創業から102年
主に公共施設に椅子を納入しているのだが、その納入実績たるや
ただものではない。

国内劇場、映画館、駅ホーム、
野球場などのスタジオシート

eigakanseat
これら、9割以上はコトブキシーティングだといのだから、
実質ライバルゼロの状態だ。

椅子の形状をみれば、
『あ~この椅子も、あの椅子もそうなのか~』
…という事になる。

しいてライバルが居るとすれば、
電車のシートに関しては別の日本の会社が納入実績を誇っている事だ。

世界初カプセルホテルに貢献

この会社の、もう1つ特筆すべき点は、
’79年に世界初カプセルホテルを作った事である。

大阪市堂山町にある『カプセル・イン大阪』に納入されている
コトブキの、スリープカプセルは、この会社のもの。
oP7JLQ
© Capsel In Osaka

当時は画期的であり、現在も
最安値素泊まり2600円
という価格帯に貢献しているので、外国人にも人気だ。

体育館に観客席を納品するという画期的システム

コトブキは、ニッチな分野でシェアを占める事に甘えず、
既に納品している分野でも、ユーザーが快適かつ便利に空間を
使えないかどうか研究している所がポイントだ。

交流プラザや公民館に、『必要な時だけ出せる様にする』

移動観客席を納品するというシステムは、画期的である。

これだけ国内シェアが安定しているにも関わらず、
コトブキは、さらなる飛躍を目指し、本格的海外進出を狙っている。

従業員数300人にも満たない会社の行く末は、
面白い未来が待っていそうである。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

スタバだけじゃない、フランチャイズで楽しめるさくらドリンク

サクラドリンクといえば、スタバというイメージは根強いかもしれません。 ©starbucks.c

記事を読む

【レシート宝くじ】台湾・スロバキアでレシートは一攫千金のもと?レシート宝くじって?

私たちは、普段お買い物をしていると当たり前の様に 貰っているのがレシートです。 コンビニで、

記事を読む

人間関係の揉め事、避ける、仲裁のコツ

この時期多いのが、会社や趣味の仲間同士の忘年会。 仕方なく付き合わされる人が大半かもしれませんし、

記事を読む

お金払ってでもモノを壊せるレイジルームが流行る?怒れない社会の今

リーマンショック以降米国で人気が出てきたのが『お金払えばモノを壊せる部屋=レイジルーム』です。 日

記事を読む

政府の解雇規制が非正規雇用者を搾取する現代の”身分制”

非正規雇用者は正規雇用者の”下人”なのか 家入一真さんが非正規雇用についてブログを書いてい

記事を読む