*

【ハイアールアクア】オモシロ白物家電に挑むハイアールアクアって何だ?

ad



  

部分ヨゴレを落とすハンディ洗濯機。
空気の力で洋服をクリーニングする機械。
中身の見える洗濯機。

これ全て同じ家電メーカー
ハイアールアクアのものなのです。

異業種の参入だからこそ新しい

ハイアールアクア(現:AQUA)は、
’12年に、パナソニックから、旧三洋電機の洗濯機、
冷蔵庫などの白物家電部門を買収して出来たもの。

現社長の伊藤嘉明(よしあき)氏は、
全くの異業種からの参入というのだから驚きである。
Hier_Ito-san
日本コカ・コーラやデル米国本社、レノボを得て
彼が白物家電業界に生み出した考えとは


これから白物家電は実用と好き嫌いで買うべきだ

というもの。

これがハイアールアクア商品のヒットの原点となっている。

購買層をあえて男性に向ける戦略

ハイアールアクアのヒット商品で、
まず浮ぶのはハンディ洗濯機コトンだろう。
coton
オゾンの力で繊維の汚れを浮き立たせ
染み抜きをする地球に優しいというコンセプトは、
旧三洋電機のお家芸だ。

そこに消費者が買いやすいデザイン性も加えた事で
人気に火がついた。

社長曰く
いつも使っているものから
ワクワク感を得る事が大事

という概念で、

冷蔵庫にスマホの様なカバーをつけるのはどうかという、

Colo-mo
という商品もリリース。

reizouko
購入者の7割が男性という点は頷ける。

家電を実用買いするのは女性、好き嫌いで買うのは
男性に多いからだろう。

ハイアールアクアと日本家電メーカーの違いは

ハイアールアクアの製品と、日本の白物家電の
大きな違いがある。

日本の白物家電は、商品開発が行なわれる度、
消費者が使い方を覚えきれない程の付加価値が付与されている。

消費者からしてみれば、付加価値として必要なのは

この3点だけである。

ハイアールアクアの商品は、見事にこの3点に絞られて商品開発が
行なわれている。

その点、日本の家電商品開発部門は
見習うべきではないだろうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【敬老の日】敬老、お彼岸に見たい映画3作

敬老の日や、お彼岸といえば、 お年寄りを労わりましょう。 と昔は言いましたが、どうでしょうか

記事を読む

sasakihiroshi

渡辺直美をブタ呼ばわり?元電通の佐々木氏ってどんな人?

東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエイティブディレクター・佐々木宏氏(66)がタ

記事を読む

【悲報】テレ朝『日曜洋画劇場』完全消滅、本当のサヨナラ

今月7日にテレビ朝日(本社・東京港区六本木)が発表した4月の番組改編会見で、'66年より続いていた『

記事を読む

津田沼駅周辺の公園まとめ!

津田沼駅周辺の公園まとめ!

津田沼公園 津田沼駅から特に近い場所では、南口にある津田沼公園が代表的です。 比較的

記事を読む

【レシート宝くじ】台湾・スロバキアでレシートは一攫千金のもと?レシート宝くじって?

私たちは、普段お買い物をしていると当たり前の様に 貰っているのがレシートです。 コンビニで、

記事を読む