*

【課長受難】抑えておくべき課長・係長・部下を持った時の心得

ad



  

課長受難時代である。
管理職が固定給になり、残業代は出ない。

会社や部門次第では上の部長から携帯の電源は24時間
オンにしてLINEはいつでもチェックできる体制でいろなんて
冗談はその顔だけにしろ、という要求を叩きつけられている人も
いるはずだ。

それと同時に部下からも毎日査定という
先例を受けるのが課長である。

課長だけでなく、現場のトップに立つ人にとって、
気をつけなくてはいけない事はなんだろうか。

下手すると『大名商売』と勘違いされて、
部下が離れていかない為には、何を気をつければ
よいのだろうか。

管理職に大切なのは下に伝える力

管理職に大切なのは、下に伝える力である。
部下の言い分を理解し、上層部の言い分を理解できるのは
課長、係長などの管理職しかいない。

たまにこんな管理職に出くわす。

勤続7年近くになるフランチャイズ店店長なのだが
細々とした事の判断が全く下せず、返事が、
『規則では・・・』『本社に伺いをたてないと』、『機会があれば聞いておきます』の
三通りの返事しか用意していないのだ。

本社経費節減の為、三店舗も兼業して、
従業員の教育も出来ず連携もうまくいかないので、
クレーム処理もままならず、店舗経営は傾く一向なのである。
tired
この様に、管理職が伝える力を全く発揮できない状況に
追い込まれているのであれば、
任せる店舗数は減らすべきである。

反対にうまくいっている所は、
下の意見も毎日のように管理職が聞き取り、
その場で解決できることであれば、即時解決。
部下が問題解決能力をつけるようになっている。

管理職をひっぱりだしてみて、
人によっては遠まわしな酷い発言しかしないような所や
部下の発言が二転三転するような部署や店は、
経営状態がきわめて危ない所である事は間違いない。

上司騙せても部下は騙せない

では、管理職側としては部下、サービス業などであれば
顧客、取引先にどう接すればいいのだろうか。

管理職は、
上司や巧くいってる取引先は騙せても部下は騙せない

という事を肝に銘じるべきである。

もちろん、管理職は部下の、兄弟姉妹ではないのだから、
あまり過剰に部下によりそいすぎてもいけない。

部下一人が鬱病になったといって、彼、彼女一人に構いすぎると
組織内にひずみが来る。

その反対に冷徹すぎるのも深刻な問題を及ぼす。

組織内での人間関係をまとめるのに管理職が
特定の部下を右腕的存在に引き立てた場合、
その人物がクラッシャーとなってしまう場合がある。

上司の右腕になった途端部署内を仕切りだし、
次々と仕事の能率が上がらない社員を病院送りにしたり、
休職においやったりするケースも存在する。

日和らない人間性が管理職には必要

管理職に求められるのは、日和らない人間性だ。
新入~入社3年目の若手社員に、
この社に目標となる管理職がいないといわれ
青ざめた経験はないだろうか。

その原因は、貴方が普段から
合理性や社内、社会での生き残りをかけて
日和な態度を部下にとっている姿を、見られていた
結果から来ている。

日和る管理職や、トップに立っている人は
やがて信用されなくなる。
そのバロメーターとなるのが部下なのだ。
businessnative
手厳しい言葉かもしれないが、一番育てなければいけない
部下に慕われ、取引先からの信頼がなければ、
管理職の未来はないといっても過言ではない。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【豪栄道】全勝優勝その表と裏

先日行われた大相撲秋場所千秋楽で、 大関・豪栄道は、琴奨菊と大関同士の一番に勝ち、全勝優勝。

記事を読む

【青空文庫】TPP発令で青空文庫の行方は?

ネット上で、無料で名作が読める 『青空文庫』。 TPP発令で運営の危機に立たされているその理由と

記事を読む

確信犯の心理は特権意識?撃退法を徹底解明!

確信犯って公私共々周りにいると腹が立ちますね。人間関係の輪を乱すだけでなく会社の組織にも影響を及ぼし

記事を読む

【確信犯】通勤ラッシュ時に出没する、不届き者たちまとめ

電車に乗ると、否が応でも目に入るのが、 大声で喋る、電車の中での化粧、飲食、ヘッドフォンから 音

記事を読む

貴方の企画が上司に通らない理由は何なのか?

仕事を円滑に進め、他の部署との連携を深める為に、 今までのやり方を変える必要が出てきた。 し

記事を読む