*

スマホのカメラの写真の日付けや場所を消す方法

ad



  

TwitterやFacebookやブログに写真をアップする前に、気をつけたいのが
どこでいつその写真を撮影したのか写真から情報が漏れてしまう事

写真の位置情報を巧く操作できるアプリが無料であるのです。

iphone、ipadならLoooks


(C)itunes.apples.com
iphone、ipadの写真位置情報確認消去アプリでしたら『Loooks』がお薦めです。
まず、Loooksをitunesストアからダウンロードし、フトライブラリーから位置情報を見たい、もしくは操作したい写真を選択します。

(C)m.designbits.jp
Loooksで確認出来る情報は、解像度、フォーマット、ファイルサイズ、メーカー名、モデル名、ソフトウェア名、撮影日、作成日、緯度、経度、標高です。
解像度やファイルサイズはともかく、ここは消去したい!と思うのは
撮影日、作成日、緯度、経度、
ではないでしょうか。

Loooksが出来るのは、撮影日、作成日(撮影時間)を、書き換え時間に置換え、緯度、経度、標高といったGPSで場所を特定出来る要素を省いてしまうところなのです。
但しこのアプリを使う時に注意したいのが、カメラの中には元の画像も残っている事

書き換えた後は、元の画像は消して、その後に書き換えた画像をSNSに使う様にしましょう。また元画像を書き換える時はあからさまに不自然な場所で置き換えるのもやめましょう。
例えば、海外旅行の写真なのに画像の詳細編集データーがいつも自宅というのではSNSを見る人に疑われます。

アンドロイドなら本体で操作可能

アンドロイドでしたら、設定でカメラの位置情報を無効にする事で、写真を撮っても位置情報が記録されないという裏技がある。でもこれだとスマホの位置情報を利用したサービス、例えば路線案内やグーグルマップなどが利用出来ないなど、色々と困難な事もあります。
そこで、写真そのものには位置情報を残すが、アップする時だけ情報削除というアプリがアンドロイドにはあります。それが Photo Info Eraserです。

(C)loumo.jp

FBやTwitterは、個人が撮影した写真情報を特定出来るEXIFを自動的に排除しますが、ブログではそこまでの配慮はなされていません。
それだけに、どこで撮ったか、根掘り葉掘り聞く人の目に晒される危険性もあるのです。
こうした災難にあわないためにも、スマホには写真位置情報消去操作アプリを入れておいた方がいいと思います。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

アルミホイルのびっくり効果 生活に役立つ使い方いろいろ

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

販売店の首を絞める『押し紙』問題・何故新聞社は、やめようとしないのか

我が家は、親族もいれると、昔は紙媒体の新聞を4種類取っていた事がある。 朝日、毎日、地方新聞、

記事を読む

ヒルナンデス特集、これだけはチェックしておきたい家電【2013冬】

今年の冬は新製品 ヒルナンデスにて【家電好き芸人】の土田による家電特集が放送されました。

記事を読む

熊本地震の後に見えた業界の本音

今年4月14日に、熊本を襲った未曾有の地震は、 芸能界、政治界、各方面の『本音』を曝け出した。

記事を読む

ヨーグリーナお前もか!サントリーの需要読み間違いって?

ついこの間『オランジーナ』の姉妹ドリンク 『レモンジーナ』が品切れになったばかりのサントリー。

記事を読む