*

イジメで同級生提訴、これが正しい解決法だと私は思う

ad



  

「3DSで裸の動画撮られた」 小6男児が同級生ら提訴

http://www.asahi.com/articles/TKY201312030426.htm

saibanchou_no_gavel

3DSで裸の動画などをとられてイジメを受けたとして、小6の男児が弁護士を立てて同級生ら計7人と、その親を提訴した。

もうイジメでは済まされない

いつの時代も尽きることのないイジメ問題。この男児は、無理やり裸にされて動画を取られ、その同級生らに動画を回された。遊びではない。例え悪ふざけにしても、彼にとってはこの上ない屈辱であったのだろう。

この提訴はやりすぎか?そういう言葉も多く出てくることは間違いないだろう。子どものイジメは子ども同士で解決させろだとか、親が出てくるなんてありえない!とか思う人もいるかもしれない。

だが、彼にとってこのイジメは「死」にもつながるくらいのダメージがあったと思う。「殺人」寸前のイジメだったかもしれない。

何せ、見られたくないところを撮られ、更にそれをみんなで共有される。もしかしたらネット上に一生残ってしまうかもしれない。彼は「死」を考える前に「戦う」事を決めた、勇気ある男児だ。

提訴が増えるにつれイジメも減る

イジメをする側は、「こんなのどうってことない」と思っているかもしれない。しかし実際に、いじめを苦に自殺するというケースはよく見られる。何故、彼らは戦う前に「死」を選ぶのか。

いや違う。自殺をした彼らも戦っていたに違いない。「先生に相談」だとか、「親に相談」などはしていたと思う。少なくとも、何の抵抗もせず自殺を選んだわけではない。

そういう「抵抗」で解決する事も少なくない。しかし、ネットが絡んだり、より複雑化しているイジメに対して、そういった抵抗では対処しきれない場合も多いだろう。少なくとも今回の場合、先生に相談し、動画は消してもネット上に残る可能性は大いにある。

こうした事件を防ぐためにも、現代のイジメに対する抵抗手段は、「弁護士に相談」なのではないか。提訴し法で解決することにより、お互いに何のわだかまりもなく解決できるのではないだろうか。

こういう事例が増えるにつれ、大人は子どもの教育を再確認し、イジメ防止へとつながっていく。一石二鳥だ。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【キャリーバック】接触事故の危険が叫ばれる理由

ここ5年来で増えたのが、 旅行客や、出張中のOLなどが使う金属製のサムソナイト(キャリーバック

記事を読む

【こち亀最終巻】こち亀最終巻・何故40年続いたのか

『こち亀』こと、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、17日発売の 最新号で最終回となる。 J

記事を読む

【過剰報道】局ヘリよりも物資をくれ!歴代大地震被害者の本音

震災におけるマスメディアの行き過ぎた、 つっぱしり取材に、辟易とした声が上がっている。 「公式発

記事を読む

LINEで「死ねよ」で相手が自殺、慶応大3年生逮捕される。メンヘラ女性との付き合い…

軽い気持ちで「死ね」はいうな? 女翌日午前5時ごろ、東京都港区の自宅マンション8階から女性が飛び降

記事を読む

【保育士不足】保育士人材難・潜在保育士が出てこない理由とは?

夏の終わりから、今の季節まで、 幼稚園や保育園の入園案内のチラシが新聞の折り込みで入っている。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑