*

イジメで同級生提訴、これが正しい解決法だと私は思う

ad



  

「3DSで裸の動画撮られた」 小6男児が同級生ら提訴

http://www.asahi.com/articles/TKY201312030426.htm

saibanchou_no_gavel

3DSで裸の動画などをとられてイジメを受けたとして、小6の男児が弁護士を立てて同級生ら計7人と、その親を提訴した。

もうイジメでは済まされない

いつの時代も尽きることのないイジメ問題。この男児は、無理やり裸にされて動画を取られ、その同級生らに動画を回された。遊びではない。例え悪ふざけにしても、彼にとってはこの上ない屈辱であったのだろう。

この提訴はやりすぎか?そういう言葉も多く出てくることは間違いないだろう。子どものイジメは子ども同士で解決させろだとか、親が出てくるなんてありえない!とか思う人もいるかもしれない。

だが、彼にとってこのイジメは「死」にもつながるくらいのダメージがあったと思う。「殺人」寸前のイジメだったかもしれない。

何せ、見られたくないところを撮られ、更にそれをみんなで共有される。もしかしたらネット上に一生残ってしまうかもしれない。彼は「死」を考える前に「戦う」事を決めた、勇気ある男児だ。

提訴が増えるにつれイジメも減る

イジメをする側は、「こんなのどうってことない」と思っているかもしれない。しかし実際に、いじめを苦に自殺するというケースはよく見られる。何故、彼らは戦う前に「死」を選ぶのか。

いや違う。自殺をした彼らも戦っていたに違いない。「先生に相談」だとか、「親に相談」などはしていたと思う。少なくとも、何の抵抗もせず自殺を選んだわけではない。

そういう「抵抗」で解決する事も少なくない。しかし、ネットが絡んだり、より複雑化しているイジメに対して、そういった抵抗では対処しきれない場合も多いだろう。少なくとも今回の場合、先生に相談し、動画は消してもネット上に残る可能性は大いにある。

こうした事件を防ぐためにも、現代のイジメに対する抵抗手段は、「弁護士に相談」なのではないか。提訴し法で解決することにより、お互いに何のわだかまりもなく解決できるのではないだろうか。

こういう事例が増えるにつれ、大人は子どもの教育を再確認し、イジメ防止へとつながっていく。一石二鳥だ。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

ドワンゴの受験料撤収には賛成する

ドワンゴは、2015年の新卒入社試験で、2525(ニコニコ)円の受験料を徴収することを発表しました。

記事を読む

【英会話】レベルは高いのに、会話力が伴わない人の特徴とは?

私事になるが、某大手英会話学校に通って長い。 何も話せなかったレベルから、急激にレベルアップして、

記事を読む

電通・時間外労働常態化で書類送検か?

大手広告代理店・電通の入社一年目だった女性社員・高橋まつりさん(享年24歳)が 昨年自殺した件で、

記事を読む

【年賀状】一言メッセージで違う!相手別文例まとめ

これだけSNSが普及した現在でも、年賀状は届けば嬉しいもの。 だからこそ、送る方も貰って嬉しい年賀

記事を読む

コナミ社員提訴、「追い出し部屋」の実態

コナミの社員が、退職に追い込む為の配置転換の無効を主張して11日、コナミデジタルテイメントに対して提

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑