*

【クレーム対応】カルビーの異物混入の対応が神なまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/10/27 暮らし, 社会, 学び , , , ,

ad



  

何かと多い食品会社の異物混入事件。
その中で、クレーマーの再購入率95%を誇る
異例の会社、それがカルビーだ。

神降臨と言われるクレーム対処法は、
どの様なものなのか?

対応が迅速かつ、お客様の心に寄り添っている

カルビーのクレーム対応が『神』と言われる所以は

お客様への対応が迅速で行動に誠意が見られる

といわれているからだ。

カルビーには年間1万件弱のクレームが寄せられ、その内
8割が電話である。

クレームが入った15分後には、
配送業者の手配を整え商品回収

というマニュアルになっている。

それだけでなく、カルビー側から

商品の調査報告書と、お菓子の詰め合わせ、
お詫び状がセットになって届く

calbee1_580px
出典:rocketnews

その期間長くても
2週間

社員に訪問して話を聞いて貰わないと
気持ちが収まらないというとんでもないクレーマーにも
丁寧かつ迅速に対応するというあたり、
calbee2_copy_580px
どの客にも平等に接する姿勢が見える。

じゃがりこ回収事件で、判った実力

最近カルビーのクレーム対処の見事さが発揮された例といえば
2015年3月に、じゃがりこの『食感が悪い』とクレームがあり、
自主回収に、あたった件だろう。
zyariko
実際は2月下旬に2件クレームがあり、トータルで6件、
問い合わせがあった程度のものだが、
カルビーは、クレーム発生僅か

1ヶ月足らずで自主回収に踏み切った。

その後、別の工場でも金属片が混入している恐れがあった為、
生産後一週間以内に商品自主回収という迅速な対応を行なった。

その為、クレームを未然に防ぐ事が出来た。

その他、社外にも

『不具合が出た商品を出荷前に止める事が出来ず、
とても恥ずかしい次第です』と
真摯かつ誠実なコメントを発表している事が
後の再購買率95%という数字をたたき出すきっかけとなっている。

カルビーの対応が教えてくれる事

大抵のサービス業は、
自分の生産したもの、もしくはポリシーを支持してくれる
顧客の心に寄り添っている。

定期的にDMを送るのも、イベントを開くのも
この様な目的だ。

クレームを出す少数の客を無視した為に
企業イメージを後々まで損ない業績に響いた例は
いくらでもある。

商品やサービスは、クレームが出る間は花なのだという事を
カルビーの神業的対処術は教えてくれるのではないだろうか。

不買運動も起こらなくなれば、もうそのサービスや商品は
必要ないのだから。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

ママカーストを増幅させる名刺の威力

ドラマ『名前のない女神』は序の口。 子供は親の氏素性に関係なく自分の人生を歩めばいい という

記事を読む

【ぞろぞろ来る奴】1人で商談や偵察に来れない人間と契約するな

貴方の会社に、 『メリットのある提案をしたいからお時間を頂けないでしょうか』と 電話してきて、そ

記事を読む

【夏ゲット】オークションで夏休みゲットするものまとめ

海外旅行、海水浴、キャンプ、バーベキュー、野外ライブと、 夏休みには旅行、アウトドアイベントが目白

記事を読む

【保育士不足】保育士人材難・潜在保育士が出てこない理由とは?

夏の終わりから、今の季節まで、 幼稚園や保育園の入園案内のチラシが新聞の折り込みで入っている。

記事を読む

春に散る:沢木耕太郎氏の朝日連載がもたらしたもの

朝日新聞に連載中の『春に散る』が 今月末で終わる。 (C)asahi.com 朝日新聞朝刊

記事を読む