*

1000円代で使える廉価版万年筆

ad



  

売り場で一度は目にする安い万年筆。

昨日はメーカーの高い物と遜色ないものですが材質が違うだけの
これらの製品は俗に
廉価版
と言われます。

安いからといって侮れません。
実際に売り場で試し書き、もしくは購入した結果、おすすめの
廉価版万年筆を紹介させて頂きます。

プレジール(プラチナ)

prezire
©pratinum.co.jp
プラチナ万年筆の廉価版といえば
200円のプレピー

を思い浮かべる人も居ると思います。

実際その安さに惹かれ買ったはいいものの、
『キャップがすぐ割れる』『インクが詰まる』という欠点に
悩まされた人も多いのではないでしょうか。

その点プレジールは、アルミボディを使用しキャップが割れるという
心配もなくバランスのいい廉価版万年筆です。
カートリッジを差し込んだままでも
インクが固まりにくい『スリップシール機構』も搭載。

こちらの万年筆も細字が書きやすいタイプで
オープン価格の平均は1000円です。

定番7色に今年の色、ノバ・オレンジを追加。
オレンジの万年筆が欲しい方にお勧めです。

ペリカーノJr(ペリカン)

pelicanojr
©PELIKAN
ペン・オブ・ザ・イヤーに輝く『スーベレン』でお馴染みの
ペリカンが小学生向けに『正しく文字が書ける様に』作った万年筆が
ペリカーノJr。

欧米では小学校から万年筆を使う事から作られましたが、
子供用にしておくにはもったいない程しっかりした作りになっています。

色もポップでカラフル。
他にもペリカンはジュニア用万年筆として『ツイスト』を
出していますが、どちらも中~太字。

カートリッジ式のみですが、インクフローも良く、
中字で軸が太く軽い万年筆がお好みの方にお勧めです。

こちらはオープン価格の平均は1500円代ですね。

KAKUNO(パイロット)

kakuno
©pilot.co.jp
万年筆を初めて使う子供たちへという意味合いを込めて
パイロットが作った万年筆がKAKUNO。

ステンレスのペン先に笑顔のマーク、ペン軸もグレーと白が選べ、
キャップの色もカラフルかつシンプルな事から、
書く楽しみを教えてくれる万年筆です。

こちらも中字しかない所が実に惜しく、細字をぜひ
リリースして欲しい所。

価格もオープン価格で750~850円代とリーズナブルですね。

ハイエース ネオ(セーラー)

highace
©sailor.co.jp

極細好きにお勧めしたいのがこの万年筆。

ボディはアルミと樹脂で、ペン先はステンレス製。
長さは13.6mmとモンブランと変わりない書きやすい長さで、太さは、
口径はφ13.5、重さは10gとややスリム。

胴体の色はブラック、ブルー、レッド、そして
クリアタイプ2種の計5色から選べて1080円

カートリッジ、コンバーター(別売り)両用タイプで。
この万年筆の醍醐味は、セーラーの耐水性を売りにする

顔料インク・ストゥーリアがコンバーターで使える事。

廉価版万年筆を末永く使用するには

廉価版万年筆に限らず、万年筆を購入し使う際には

最初から値段相応のものだと思う事
が大事です。

廉価版万年筆と高価な万年筆の違いといえば、本来であれば
職人が手作業で行う細かい工程を機械で行うか、
工賃の安い海外で行っているという事も考えられます。

その為、商品の良しあしがあるのは避けられません。
紙にひっかかればその度に拭く、インクが出て来なければ
一度お湯にペン先を浸してみるなど、
高価な万年筆を扱うのと同じ様におこなえば、甦る事もあります。

購入使用の際は、こうした事を気を付けましょう。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

9月上映おすすめ映画

9月上映作品は、続篇やスピンオフが見所です。 その中でもおすすめの作品3つを今回紹介させて頂きます

記事を読む

【ミスター・ラグビー】平尾誠二氏逝去・死因は膵臓がん

常勝無敗の司令塔であり『ミスターラグビー』と呼ばれた 平尾誠二氏が、今月20日亡くなった。

記事を読む

良かれと思ってやらない!案外共感を得られないSNS投稿

SNSでは、良かれと思って投稿した内容が、思いもよらない所で、投稿者を不利に追い込んでしまう事もあり

記事を読む

明暗分かれた参議院選挙の結果は?

今回行われた第24回参議院議員選挙の投票率は、54.7%、蓋を開けると 戦後4番目の低い投票率

記事を読む

【武井壮】30代はネクラ非リア充だった!40を超えて人生たてなおした彼の人間性に迫る!

陸上・元十種競技日本王者の武井壮。 暑苦しいまでに前向きな体育系キャラは、今や 松岡修造と並

記事を読む