*

【スタバ古い】ナイジェリアコーヒー・カフェ・ネオ日本上陸なるか?

ad



  

スタバ、タリーズ、ブルーボトル、
フランチャイズコーヒー店が上陸もしくは新店が
出来る度に並んだ人も多いはず。

でも今、並んだ当時の輝きをコーヒーショップが保っているか
どうかと聞かれたら疑問。

そんな貴方に、
ナイジェリア人兄弟がはじめた
『カフェ・ネオ』が注目を集めています。

カフェ・ネオって

カフェ・ネオは、
ナイジェリア人のンゴシ、チジョーク・ドジー兄弟が、
故郷ナイジェリアで、立ち上げたフランチャイズコーヒー店。


メニューは、スタバやタリーズぽいです。

彼らは、米国や欧州に留学もしくはヘッドハンティングで、
働いていたものの、リーマンショックや金融引き締めなどで、
真っ先にリストラの対称となった故郷ナイジェリアの人たちの為に
この店を開きました。
neo2
故郷に帰っても、仕事先、留学先のいい思い出はなくならない、
そして生産者もコーヒーを味わう時代が来ている事を
世界に示したいという意味もあったのだと思います。

店内の雰囲気作りは、日本の喫茶店?

店内の雰囲気は、他のフランチャイズコーヒー店と同じ。

ラップトップPCを持ち込んだビジネスマンもいれば
カプチーノ片手にチェスに興じる人たちの姿も。
店内にはジャズが流れています

が、日本のスタバの様に、爆買い観光客や子連れママが
騒いだりする様子もない。

コーヒー片手に静々、時にはライブを楽しむといった
良き時代の喫茶店を思わせるスタイルになっています。

店主の采配が店拡大の鍵

ナイジェリアには、既に米国系フランチャイズ店が進出していて
KFCもドミノピザもあります。

でもスターバックスやブルーボトルの様な店はないのです。

ならば自分たちで作り、店のスタイルを『輸出』するのが
兄弟たちの最終目標。

その為にはアフリカという市場をスターバックスに
抑えられるまでに自分たちが押さえなくてはいけない。
neo
問題は、市場拡大や豆の買い付けという面では
商社を通す大手にはかなわないという事。

そこで提案したいのが、今どこのフランチャイズ店でも
弱点となっている、
店のソフトパワーに力を入れる事です。

店長の采配次第で、この店に通い続けたいと
思わせる店の雰囲気作りと労働環境作り。

そこにコーヒーが備われば、カフェ・ネオは
スタバに勝てる見込みは出てくるのではないでしょうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

好奇心あふれる顧客に商品を買わせる方法

海外で売れたものが、日本では 全然売れない そんな事が往々にしてある。 日本の製品は品質が

記事を読む

世論調査で使われるRDDという方法

RDDとはRandom Digit Dialingの略で、ランダムに電話番号を選出して電話を掛ける調

記事を読む

不動産を買う前に、その土地の自治会をチェックする理由

この春、ご主人の転居、お子さんの学校、 もしくは私立一貫校に通う為、一軒家に引っ越す というご家

記事を読む

石原裕次郎記念館とうとう閉館・・・西部警察の車ってどうなるの?

今月31日、北海道小樽にある石原裕次郎記念館が施設の老朽化と運営困難の為、閉館する運びとなった。

記事を読む

何故増える?LINE脈なし男?

公私共々必須アプリの1つがLINE。 その一方で、使う相手、グループに、こんなに私生活 振り回さ

記事を読む



  • Sorry. No data so far.