*

【過剰報道】局ヘリよりも物資をくれ!歴代大地震被害者の本音

ad



  

震災におけるマスメディアの行き過ぎた、
つっぱしり取材に、辟易とした声が上がっている。

これは『いち早くいい情報を得たい!』という
民放情報争奪戦が生み出した弊害ではないだろうか。

あの人気情報番組も

民放の人気情報メディア番組Mでは、
地元キー局と組み、被災地の焼き芋屋を取材した件で
炎上騒動に。

yakiimoyatais

番組側は、弁明をするも再炎上。
ユーザーから謝罪を求める声は相次ぎ、中には当時取材を担当した
アナウンサーの顔まで露出する羽目に。

この騒動から学ぶべきことは
心のこもらない長い謝罪文は、
炎上騒動を起こすだけ

という事だろう。

メディアの過剰は報道は、どう思われているか

何よりも、メディアの報道が過剰だと思っているのは
現地の人々

である。

震災の爪痕が生生しい中で、葬儀の取材をしているメディアもそうだ。
soushikishiragikus

情報合戦の様に、空中を飛ぶ各局のヘリが、
どれだけの人命を奪うか

という生生しい声も、呟かされている。

その無神経さは、阪神淡路大震災当時から叫ばれているにも
関わらず、今回の熊本地震でも生かされていない。

阪神淡路大震災の頃から、
人命救助を優先し、過剰報道は控えるべき。
といわれ続けているにも関わらず、今回もまた守れて居なかった。

これはどういう事なのだろうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

喉が渇く時の対処法は?水分はこまめに補給した方がいいのは何故?

夏の暑い時期だけでなく、朝起きると喉がカラカラという人はいるのではないでしょうか。 健康な人は

記事を読む

ボランティアストーカーとは、被害に遭わない為には?

あなたの個人情報は大丈夫か 裏社会ジャーナリストの丸山佑介さんが、「ボランティアストーカー

記事を読む

『社会不適合者』とまで言われた私が早起きできるようになった方法

早起きは誰でも出来る 皆さん早起きは得意ですか?私は早起き、というよりも大切な約束の時間に

記事を読む

人の話を聞かない会話泥棒や教えて症候群を撃退するには

これから忘年会、オフ会が出てくるころだと思います。 こんな時に、積極的に会話に加わってくる、『

記事を読む

夏、理想のボディに!春からダイエット法のご紹介

「今年の夏こそは…」と、ダイエットに燃えているあなた! 正解です。 冬は寒さに対応するた

記事を読む