*

人気沸騰中のウーマンラッシュアワー!しかし志村けんにダメ出し…?

ad



  

志村けんにダメ出し?今年はいかに?!

昨年「THE MANZAI」に見事優勝に輝いたのが、ウーマンラッシュアワー。「THE MANZAI」の優勝後は、年末年始のお笑い番組はもちろん、「めちゃめちゃイケてる」や「人志松本のすべらない話」など、人気番組にも出演を果たし、年末年始はテレビで見ない日は無いと言っても過言ではない状態であった。「THE MANZAI」に優勝した影響は大きいとはいえ、なぜここまでウーマンラッシュアワーの人気が高まっているかということを紐解いていく。

→コント「バイトリーダー」

ボケ担当村本の影響が大きい

そもそもウーマンラッシュアワーはこれまでの「THE MANZAI」でも過去3年連続で決勝に進出しているなど、実力は折り紙つきである。

そして、ウーマンラッシュアワーが人気を博している大きな理由は、なんと言ってもボケ担当の村本の影響であろう。

彼はこれまでにあまり例のない「ゲスキャラ」として、激しい毒舌ぶりを年末から年始にかけて披露している。現実を悲観し、過去にあった悲劇をすべて復讐へと燃やす姿が、中高生を中心に「リアリティ」があっておもしろいとハートをつかんでいる。

志村けん「大人には…」

しかし、問題点もいくつかある。お笑い界の先駆者ともいえる志村けんは「(漫才中のセリフが)早すぎて聞き取るのがしんどい」「大人にはウケない」と苦言を呈しており、確かにその意見に同調する人も少なくはない。

また、ツッコミ担当の中川パラダイスのキャラ設定がよくわからないとの声も存在する。そして、致命的なのは二人ともフリートークがあまり得意ではないということである。年末から年始にかけてテレビで見る機会が増えたものの、最近ではそのコメント前にも聞いたことがあるような…というコメントが目立つようになり、事前に準備をしておかなければ話せない傾向がみられる。

入れ替わりが激しいお笑いの世界の中で、生き抜くことは非常に難しいと言える。しかし、近年では有吉弘行が再ブレークを果たしたように、毒舌トークは視聴者のウケは良いのも事実である。今後のウーマンラッシュアワーがこの荒波をどう越えていくかに注目したい。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【相棒14】反町相棒スタート!好調な出だしに次クールも期待?

ファン待望の『相棒14』が2015年10月からスタートした。 今回の相棒は、反町隆史。 初回

記事を読む

【出待ち入待ち】マナー違反続出・出待ちトラブルを防ぐには?

そもそも、追っかけに何の興味もない人間からしてみれば、 『出待ち、入待ち』程迷惑な事はない。

記事を読む

【GENKING】賛否両論?マルチクリエイター・GENKINGって?

60万人近いインスタグラムのフォロワーを抱える マルチクリエイター・GENKING。 彼のメ

記事を読む

春に散る:沢木耕太郎氏の朝日連載がもたらしたもの

朝日新聞に連載中の『春に散る』が 今月末で終わる。 (C)asahi.com 朝日新聞朝刊

記事を読む

【視聴者無視】第67回NHK紅白歌合戦の大コケ騒動

NHKが、新しいスタートと意気込んだ 第67回NHK紅白歌合戦の世間受けは大コケに終わった。 今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑