*

西川史子の離婚相手の男性と離婚原因など

ad



  

自らの離婚で注目されてしまった西川史子氏…

WS000053

タレントで女医の西川史子(42)が1月11日に一般人で福祉関係の会社役員をしている男性(39)との協議離婚が成立しことを西川さんの所属事務所が同日に発表しました。同時に、この日、都内の区役所に離婚届けが提出されました。

>>関連記事:女医の西川史子先生が遂に離婚、サンジャポで涙ぐむ姿など

西川史子と離婚した相手の男性との今までの経緯

西川さんは平成8年の7月に福祉関係の会社役員Fさんとの交際をスタートさせました。その後、平成9年の4月には、結婚について、西川さんは、「人生長いのでよく考えて行動したい。失敗しないように」とFさんのことを語っています。そして同じ年の7月にF氏との婚約を発表しました。その際に、以前に発言していた、結婚相手は年収4000万円以上というのを撤回しています。平成10年の1月には、年始の旅行でFさんと大喧嘩して、交際の危機が訪れ、Fさんとの破局の噂も流れましたが、それを乗り越えて、同年のバレンタインデーである、2月14日に都内のホテルでFさんと挙式し、めでたくゴールインとなりました。同年の年末には、西川は、その年を表現する漢字に「耐」の字を挙げ、周囲でささやかれる「どうせすぐに離婚するだろう」と言った言葉に耐え、そんな言葉に負けないように結婚生活を努力していることを報道陣に伝えました。

西川史子のその後のテレビでの夫婦生活についての言動

西川さんは平成11年の6月にイベントに出席した際に夫婦生活は熱々ではなく、夫婦生活がうまくいうようなハウツー本を読んでいることを告白しました。平成13年の1月20日のサンデージャポンの生放送に出演した際には夫で会社役員のFさんが家出したことを告白し、涙を流して番組を通して、Fさんに謝罪し、Fさんが家に戻るようにと懇願し、呼びかけました。つい先日の今月5日のサンデージャポンでは、生出演した際に、ぺヤングを一人で食べたという寂しい正月について語っています。その際に突然、涙目になり、周囲を騒然とさせました。そして、F氏との離婚発表に至ります。

西川史子さんは毒舌キャラで有名ですが、実生活でもご主人に毒舌を振りまいていたのかも知れませんが、結婚する前にお互いの性格は分かったいたはずなので、そんな西川さんを受け入れたFさんが心変わりされたのかもしれませんね。西川さんはかわいい女性になれなかったことを反省されてましたが、結婚は相性なので、今後、その個性を丸ごと受け止めてくれる方に出会えるといいですね。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

JOYの年収と事務所について

2013年輝いたJOYさん、テレビで見る機会がとても多かった印象を受けます。 しかし肝心の給料

記事を読む

11月公開おすすめ映画

11月は、シネコン、独立系映画館どちらもいい映画が目白押しです。 その中でも、これはという作品をご

記事を読む

【宮さま】タッキーより宮さま・中村蒼が気になる

連続ドラマ『せいせいするほど 愛してる』が いよいよ最終回を迎えます。 アクの強い登場人物が

記事を読む

何故マツコ・デラックスは毒舌なのにウケるのか

ここまで来ると社会現象の一種だ。 オネエ芸人や女装家は数多く居る。 その多くは一部を除き『嫌味』

記事を読む

【宮崎不倫相手】元国会議員・宮崎謙介の不倫相手は、地雷女だった?

先日議員辞職を表明した宮崎謙介衆院議員(35)だが、 ようやく、原因となった不倫相手の素性が明らか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑