*

ad



  

昔、カップヌードルのCMで
『ミソッパ!』
と叫びながらハデハデのブルーのスーツを着て
激しく踊る黒人のおじさんのものがあった。

この人
来日数15回を超え、スマスマにも出演した事がある
その業界では知らぬ人は絶対居ない、
超絶有名なアーティストなのである。

ジェームス・ブラウン
聞いたことあるだろうか。

伝記映画まで作られた、製作者はまさかのあの人!

ジェームス・ブラウン(以下JB)は、団塊世代以降の人にとって
『ゲロッパ』

で有名だ。
ゲロッパというのは、JBの数あるヒット曲の
Get on upが日本人の耳には『ゲロッパ』に聞こえたまでの事。

今年5月末から全国テアトル系で
彼の伝記映画、
『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』が
上映されていた。

ジェームス・ブラウンを演じたのは
チャドウィグ・ボーズマン

42
『42~世界を変えた男~』で
実在の黒人メジャーリーガー、
ジャッキー・ロビンソンを演じた彼が
次にオファーされたのがこの作品だった。
製作構想実に10年、一時期はJBの死により、
暗礁に乗り上げたものの、
ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが
製作権を買い取り映画化が決定した。

どのアーティストも影響を受けている

ミック・ジャガー曰く、
どのアーティストもなんらかの影響を受けている。

と語るのがJBの魅力である。

というのも、

史上最もサンプリングされたアーティスト

全米R&Bトップ40にランクインした曲の数は、

99曲

といわれているので、どこかで彼のフレーズや
ライブパフォーマンス、キューの出し方、これらは
他のアーティストを通し目にしているはずなのだ。

エド・サリヴァンショーに出演した時の映像
“Papa’s Got A Brand New Bag – I Feel Good”
サビのフレーズは聞き覚えがあるのではないでしょうか。

スタローンの『ロッキー4』の挿入歌として使われた
『Living in America』

これらはほんの一部にすぎない。

マイケルはJBの前座で出た事も

’83年8月に行われたJBのライブパフォーマンスに、
当時25歳のマイケル・ジャクソンが
飛び入りした事も


当時マイケルは世界中で爆発的記録を打ち出した
『スリラー』をリリースしたばかり。

その彼にとってJBは音源、パフォーマンス、盛り上げなど、
全てにおいてのルーツでありアイコンだった。

JBのアポロシアターでのライブで、マイケルはジャクソン5として、
前座で出演し、兄たちが引き上げた後も幕の合間から、

JBの一挙一動を食い入るようにみていたらしい。
getonup
ジェームス・ブラウン。
一度、みなおしてみると新たなる発見がある
アーティストである。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【悲報】テレ朝『日曜洋画劇場』完全消滅、本当のサヨナラ

今月7日にテレビ朝日(本社・東京港区六本木)が発表した4月の番組改編会見で、'66年より続いていた『

記事を読む

2018年7月公開の映画

6月半ばから公開の『空飛ぶタイヤ』が好調だ。 ©eiga.com その事故はメーカー

記事を読む

このカバーがすごい6選!2015年度まとめ

みなさんは音楽のカバー曲は好きですか?実は原曲よりもいい曲になっているのでは?といわれるカバー曲も音

記事を読む

【宮崎不倫相手】元国会議員・宮崎謙介の不倫相手は、地雷女だった?

先日議員辞職を表明した宮崎謙介衆院議員(35)だが、 ようやく、原因となった不倫相手の素性が明らか

記事を読む

原史奈と中西哲生が離婚…原因は一体?

スポーツ報知によると原史奈と中西哲生が離婚することになりました。 関係者によると、2人は数か月前か

記事を読む