*

現代最強のホームランバッター松井秀喜

ad



  


wikipediaより

今年国民栄誉賞を授与された松井秀喜さんについて詳しいプロフィールやどんな幼少時をすごされたのかなど調べました。

松井さんといえば甲子園での5打席連続敬遠で全国に名を広め巨人入団後2000年頃からは4番バッターとしてホームラン王や打点王にも輝き02年にはホームラン50本を記録しました。

その後大リーグのヤンキースに入団し日本人では前人未到の30本ホームランも打ち、またワールドシリーズMVPにも輝きました。
そして12年に引退、13年には国民栄誉賞にも輝きました。
そんな松井さんですが最初に野球を始めたときは練習についていけず、一度チームをやめたこともあるそうです。
その後はピアノを習ったり柔道で県大会3位に入るなどの活躍もしていました。

松井さんが野球に再び熱中したきっかけはお兄さんの友達との三角ベースだそうで三角ベースをやっているうちに野球熱が再燃し、再び野球チームに入ったようです。
また左打ちになったのもお兄さん達と三角ベースをしているときだそうで、右ではあまりに打ちすぎるために強制的に左打ちに変えさせられたとか…笑

野球を再び始めた後は中学で柔道と迷った結果、野球部に入部しその後の活躍は以上に書いたとおりです。
松井さんほどの選手が最初は野球を挫折したことがあるということに驚きました。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

もはやモータースポーツ!ビートたけしも乗っているヴェイロンとは?

ブガッティ・ヴェイロンはフェラーリを想像してもらえれば分かりやすいのですが、イタリアのスーパーカーを

記事を読む

廃部どころか廃校の危機?PLの命運は?

7度の甲子園制覇を誇るPL学園(大阪府富田林市)は、 '16年の夏の高校野球大阪大会初戦で東大阪大

記事を読む

ダルビッシュとカトパンが熱愛!?ダルは否定も仲は良好か

メジャーリーグのレンジャーズに所属し、リーグ最多奪三振のタイトルも獲得したダルビッシュ有投手と、フジ

記事を読む

7月のオススメ映画3選

大作もいいけれど、7月は、大作に隠れて上映される オススメ映画もあります。 その中でも面白みのあ

記事を読む

パッキャオVSメイウェザー世紀の一戦そして引退まで

想定外の『世紀の一戦』の結果だった。 日本時間の5月3日、 米ネバダ州・ラスベガス・ MG

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑