*

猪瀬都知事の借用書はラテアートでも書けると話題

ad



  

ツイッターで「借用書のコピー??笑」が話題に

WS000001

猪瀬都知事の借用書問題、まだまだ大炎上中です。ツイッターで興味深かったのが、ラテアートでも書けるとして、実際にラテアートで書いた借用書をアップしたものです。なるほど良くできていて、そのタイムリーさといいアイデアといい脱帽ものでした。

5000万円という”微妙”な金額

それにしても、5000万円という大金をあのようにぞんざいな借用書で、無担保でいとも簡単に借りれるとは、呆れるを通り越してもはや笑ってしまいます。庶民が5000万円借りるという場面はおそらくマンション購入でしょうが、銀行はそうやすやすと貸してくれはしませんから。

この点、借用書の金額もこのように、庶民に馴染みのある5000万円という数字であったことも今回火に油を注いだ原因の一つと言えるでしょう。たとえば50億だとかという途轍もない金額であれば、かえって大きすぎて実感に乏しいのですが、5000万円という身近な金額であったがゆえに庶民は借用するに際してこんな嘘くさい借用書でまかり通るはずがないと認定を下してしまったのです。

 何故こんな借用書を公開したのか

ともあれ、かつては文化人枠にいたはずの猪瀬都知事が、なぜこのような分かりやすい借用書を公表する羽目になったのでしょうか。危機管理は事が起こった後、どのように謝罪するかに尽きるといいますが、猪瀬都知事の場合、謝罪をすれば公職選挙法に抵触する行為を認めることになってしまうという、痛し痒しであったことは容易に推察できます。

とはいえ、あの借用書は明らかに拙いです。もう少し書き足したものにするという知恵くらい浮かびそうなものですが、誰も進言する者はいなかったのでしょうか。

こんなところにまで注目が

笑ってしまうのは、借用書問題から派生して、猪瀬都知事自身の眉毛までターゲットになっている点です。猪瀬都知事の眉毛はかつては薄かったそうですが、このたびどんな記者会見に臨んでも眉が変わらないというのです。借用書がフェイクであるという前提で、猪瀬都知事自身のフェイクまでやり玉に上がるとはいやはや驚きです。

 

さて、借用書問題、どこに着地点を見出すのでしょうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

野党共闘であれば勝てたのでは?第48回衆議院議員選挙

第48回衆議院議員総選挙('17年10月10日公示)は、選挙直前に野党第一党の民進党が分裂し、非保守

記事を読む

石原裕次郎記念館とうとう閉館・・・西部警察の車ってどうなるの?

今月31日、北海道小樽にある石原裕次郎記念館が施設の老朽化と運営困難の為、閉館する運びとなった。

記事を読む

防空識別圏は魚と資源の取り合い

海に接する国の場合、おおむね12海里の領海を定めています。そしてその外側に「防空識別圏」を別途に定め

記事を読む

【青空文庫】TPP発令で青空文庫の行方は?

ネット上で、無料で名作が読める 『青空文庫』。 TPP発令で運営の危機に立たされているその理由と

記事を読む

コンサルが明かす、政治家とCEOの条件

田中角栄が一番怖かったのは、 私生活の問題を解決できなかった事だ。 ご存知の通り、田中角栄に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑