*

【SNS自慢】SNSのリア充自慢・主張に『イイネ!』はなし

ad



  

SNSが自慢とイベントの集合写真。
誰かとの2ショット、家族写真しかない人って居ますね。

これがSNS自慢の痛い人として、
影でつつかれている人だそうです。

どういう事でしょうか。

誰と構わず家族の写真入りの年賀状を送りつける人と同じ

SNSは、リア充もしくは不幸自慢同士のネットバトルになっている
というのは周知の事実です。

それは『読む側の身になっているかどうか』と言えば定かではありません。

読む側が自分がする事を100%気に入ってくれればいい
・・というのがブロガーやSNSユーザーの本音でしょう。

一時期、家族の写真入りの年賀状を誰に対してでも
送っていいものかという論争が起こった事がありました。
kazolu1
この時は、年賀状を受け取る家が、家族構成上、
素直にそうした写真入の年賀状を
喜べない事情があるというケースも考えられるからです。

ところが今、SNSはどうでしょうか?
SNSには『限定公開』という機能もついています。
これもまたSNSのリア充自慢、不幸自慢論争に
拍車をかけていると思います。

例え限定公開にした所で、人間同士ですから、
仲間内でシェアした投稿した内容などどこでバレるか
判らない脆いものなのです。

SNSで自分の写真を載せる人の真意とは?

では何故人は、そこまでして他者にアピールしたいのでしょうか。

まず最初に考えられるのは、実生活で殆ど目立たないので
他の人の関心を買いたい人という事が挙げられます。

憧れの○○さんと一緒という2ショット、
旅行先でのベストショット、イベントの写真が多い人は、
『素敵な自分』を演じているともいえます。

gokon
認められたい構ってちゃんの写真が、アピールされている訳ですから、
見ている方としては、何がいいたいの?と思うわけです。

反対に不幸自慢するのもいかがかと思います。

私の知り合いで毎週末のSNSに家族で居酒屋に行って
総額何万円にもなる海鮮料理の写真をアップするのですが、

またか。

と思うのです。
何故ならそれは、一週間の面白くない仕事が終わった後の
ヤケ食いの食事とSNSでの不幸自慢の末の食事だからです。

折角の料理の写真もこれでは、と思います。

さらに悪いケースでは、毎日毎日違う缶ビールの写真を
アップして不幸自慢をしている人まで。
誰かの激励コメントがつくまで延々と繰り返すのです。

一番の解決法は構わないこと

これらの構ってチャンブログやSNSに対しての対処法は、

イイネボタンも押さず構わない事

です。
sumaho
それが最初貴方の仲間内であれば、実行に移すのには
勇気がいるかもしれません。

LINEやFBなどSNSの友達申請をしている人の中には

貴方の投稿にイイネするから私の投稿にもイイネしてね

という目的の人も少なからずいます。

それを見分ける意味でも、
周囲の皆で必要以上に構わない事が大事なのです。

利害と寂しさ紛らわしだけで友達申請をしてきた
構ってチャンは、この対策をとると
やがてSNSを更新しなくなり
おとなしくなります。

持久戦で対処する事が一番なのです。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

何故、LINEアドレス交換を拒否られるのか?

何となく気になる人がいて、ブログも何となく判って、 そろそろLINEアドレス交換してもいいかな~と

記事を読む

【子ども食堂】子どもたちに暖かい食事を、子ども食堂って?

私が小学校の時でも、学校の長期休暇中に、やせ細る子が居ました。 八百屋の子でしたが、その男の子は、

記事を読む

【遺体ホテル】火葬場不足で葬儀が出来ない?

ここ数年、セレモニーホールより問題となっているのが 遺体ホテル建設 だという。 何等か

記事を読む

怪奇…?東陽ラーメン「たくちゃん」店主死亡、奇妙な謎・裏社会?

江東区ラーメン店主の謎 江東区東陽のラーメン屋の前で店主が車の中で死亡していた事件。 (12

記事を読む

妖精さんより厄介な妖怪って何?公私共々実害ある60代が増える理由

60を超えても会社に居座り存在感なくデスクに座っている大人しいおじさんを『妖精さん』と呼ぶのは定着し

記事を読む