*

追悼モハメド・アリ・イチオシ3本のボクシング映画

ad



  

’16年6月3日に、元ボクシングヘビー級王者・モハメド・アリが亡くなった。
享年74歳、死因は敗血症だった。
ali
(C)AP/時事通信社

アリの死を悼む意味で、改めて振り返りたい、
ボクシングを通して差別と戦った実在した
ボクサーの映画を挙げてみたいと思う。

ALI(アリ)


モハメド・アリ自身が監修、協力した映画。
監督は『ヒート』など硬派な映画作りで定評のあるマイケル・マン。

アリが、ソニー・リストンを破りヘビー級チャンピオンになり、
ヴェトナム徴兵を拒否した事から社会的地位を奪われ、
キンサシャの奇跡を築きあげるまでの半生を描く。

主演はウィル・スミス。
撮影前に一年かけて、20kg体重を増量。
話し方、クセ、特徴を掴み、ボクシング・シーンではスタントナシで挑み
その年のオスカー主演男優賞にノミネートされた。

ハリケーン


’63年にウェルター級チャンピオンに輝いたものの、
殺人の冤罪を着せられ終身刑を言い渡された、
ルービン”ハリケーン”カーターと、彼を冤罪から救う為に
奔走した少年とその保護者たちのヒューマンストーリー。

主演はデンゼル・ワシントン。
企画が挙がった6年前から主演を切望し、40代半ばにして、
冒頭の見事なファイティングシーンを演じきった。

監督は『ソルジャー・ストーリー』でデンゼルとタッグを組んだ
ノーマン・ジュイソン。
人種差別という壁を乗り越え、どうやって冤罪を晴らすかという所が
見物でもある。

カシム・ザ・ドリーム


少年時代にウガンダで誘拐され国民抵抗軍の兵士にさせられたが、
米国に亡命後、IBFジュニアミドルチャンピオンとなった
カシム・オウマの半生を追った、ドキュメンタリー。

祖国に残した家族への思い、少年兵として人殺しをしてきたトラウマ、
脱走兵の為、故郷に戻れなかった思いなどが
赤裸々に語られる様は、単なるサクセスストーリーを超えている。

こうしてみると、ボクシングはある意味、政治的スポーツ
であるともいえる。

リングに上がるものは、差別、トラウマ、対立と戦う為に
対戦相手と拳をあわせる事で、観客に自らが受ける
差別を昇華させているとも取る事が出来るのではないだろうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

会話泥棒・カタラーから逃れるには?

皆で平等に話して盛り上がっていた話が、 いつの間にか、その場に居た一人が主導権を握り ベラベ

記事を読む

【視聴者無視】第67回NHK紅白歌合戦の大コケ騒動

NHKが、新しいスタートと意気込んだ 第67回NHK紅白歌合戦の世間受けは大コケに終わった。 今

記事を読む

突然リア充アピは実生活の闇の裏返し?

つながりを頻繁に投稿する人は寂しい人?実生活で繋がりを感じる事が出来ていればわざわざネットでしか繋が

記事を読む

【労災】案外出ない?労災認定まとめ

仕事中の事故や怪我の補償が出るのが労災保険。 これ 通勤中と業務中に起こった事故に対してのみ

記事を読む

【クレーム対応】カルビーの異物混入の対応が神なまとめ

何かと多い食品会社の異物混入事件。 その中で、クレーマーの再購入率95%を誇る 異例の会社、それ

記事を読む



PAGE TOP ↑