*

【陣釜】意外に身のまわりに居る?『電車男』の陣釜さんな女性

公開日: : 最終更新日:2015/09/19 ドラマ, 社会, 面白 , , ,

ad



  

一昔前に流行ったドラマと言えば『電車男』
(¿¬¿¹)¼Ò½ÉÇÑ ³²ÀÚÀÇ ¿¬¾Ö ¼º°ø±â ±×¸° `ÀüÂ÷³²`
LINEもFBもスマホもなかった時代にネットの掲示板で
見ず知らずの人間同士が

勝手な思い込み

で繋がったのだから、今となっては、巧くいったのが不思議な話。

そんなドラマの中で、キャラクターとして、
一人歩きして後々語られているのは、
主人公の電車男でもなく、ヒロインのエルメスでもなく、
白石美帆が演じた制服派遣OL

陣釜さん

だという事実。何故なのか。

電車やエルメスは存在しなくても陣釜さんなら居る

実際考えてみて、電車やエルメスみたいな夢物語は
私たちの周りに存在しなくても、


陣釜さんの様に、顔はそこそこの美人なのに合理的で
厚かましい、定時にはダッシュして会社を飛び出しそうなOLは
居ると思うからだ。

劇中の陣釜さんの年齢は設定上26になっていて、あまりの
合理主義から友人も居ないという設定になっているが、

実在する陣釜さんタイプの女性は往々にして
30代後半からアラフォーの若作り
が多い。
zingama
人間関係は合理的かつ無駄がなく、守りは鉄壁に近い。
役立つタイプの人間を見分け適度に愛想を振りまいている。

アドレスは目的別にLINEに沢山登録。愛読書はゴマブっ子。
というのが現実に居る陣釜タイプの女性である。

旅行好きの雑魚モテの肉食系

本家の陣釜さんが、理想の彼氏を求めて僻地まで旅行するのと同じ様に
陣釜タイプの女性も往々にして、男喰い、肉食、旅行好きである。

ヒマが出来たら旅行してたり、好奇心の赴くままに行動しているので、

自分の行動で他人が迷惑を被るという事は
基本的に考えないのがこのタイプである。

ので、頼まれてもいないのに電車の世話を焼いたりする。

劇中の陣釜さんは、そこが面白くかわいい所なのだが、
現実に居る陣釜さんタイプの女性は、好奇心は旺盛でも、
自分の利益に繋がらない人間の世話は焼かない。

劇中の陣釜さんは、どういうツテか知らないが
飛行機のパイロットに媚売って
飛行機をタダのりさせて貰うという荒業から、
電車男の為に怪しい仙人まで
ひっかけるという荒行を成し遂げるので、番組としては
笑ってみていられるが、

現実に居る『陣釜さんもどき』は、雑魚モテする性分を悪用し、
男性に片っ端から奢って貰ったり、Mキャラの男性を苛め、
好みの男性がいれば、しなだれる。

そして飽きればほかすのである。

どうあがいてもエルメスにはなれない

しかしそんなにモテまくりで、合理的、欲しいものは
何でも頂くという陣釜さんタイプの女性が唯一手に入らないもの。
jingama2

彼女はどうあがいてもエルメスにはなれない

プライドが高く、心から男性を立てているわけでもない陣釜さん。
どこか自分が一番と思ってるフシがある痛い女性なので、
エルメスにはなれないのだ。

バカではない陣釜タイプの女性はそれが判っている。
それだけに、自分に振り向かない男性や、
気に食わない女性が落ち込んでいるのを見ると

猛然と嫉妬したり、わざわざ交通費やムダな時間を使って
ちょっかいを出しに行くのがこのタイプである。

貴方の周りにも居ないだろうか。
普段は地味なOL

だが、周囲に呆れられつつも、全く振り向かない男性に逢う為に、
新幹線代や飛行機代を何回も使う女性。

実は、現実の陣釜タイプの女性は、
身の回りにある幸せに気づけない痛い人なのである。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

bisan1

【夏ゲット】オークションで夏休みゲットするものまとめ

海外旅行、海水浴、キャンプ、バーベキュー、野外ライブと、 夏休みには旅行、アウトドアイベントが目白

記事を読む

久積氏がネオヒルズ族の最も稼ぎやすいビジネスモデルをタダで暴露

 最も稼ぎやすいビジネスモデルとは 【ネオヒルズ族とは】久積篤史が引退大暴露、詐欺・麻薬逮

記事を読む

kkdjshizyuku

【クリスピー・クリーム・ドーナツ】まさかの意図的閉店?これからどこへ?

あんなに人気あるのに、まさかの閉店。 『行列のできるドーナツ店』 クリスピー・クリーム・ドーナツ

記事を読む

【同窓会・合コン】幹事必見・同窓会でウザがられる人理由まとめ

職場で開かれる○周年記念パーティーって出なきゃいけないの? 同窓会の案内キター-----! ・・

記事を読む

kaiwakihon

会話の基本は相手あってこそ

話したい事が山ほどあったはずなのに、相手に この人何しに来たんだろう? というリアクションをされ

記事を読む