*

【暴走妻】スクール、追っかけ、不倫、ブラック家族を作り出す暴走妻たち

ad



  

この人となら、人生を歩んでいけるかもしれない、
という『一時の錯覚』で結婚した。

以前は、この様な言い訳は『夫側』から聞かれた話だ。
しかし、ここ十年来は違う。
kenka
最近は、この言い訳は『妻側』が叫んでいるのだ。
何故だろうか。

夫が家でもブラックな扱いを受ける時代

ここ5年来、問題となっている言葉に、
ブラック家庭

という言葉がある。

家に帰っても、職場と同じ様にブラックな扱いしか受けない
夫を指してこの様な言葉が生まれた。

最も、
夫の側に責任がないというわけではない。

夫の態度が結婚後、


釣った魚にエサはやらない

と言わんがばかりに豹変し、家庭での全ての問題を
丸投げした挙句に、殆ど家にお金をいれないのであれば、
妻からブラック扱いを受けても文句は言えない。
monikai
子供、姑、介護、学費、その問題や夫が手伝うタイミングもある。
が、そんな事もおかまいなしに、休日にお気楽に
ライブや友達の合コン要因で参加する夫なら、
どうなのだろうか?

当たり前を指摘され怒る暴走女性たち

こんな状況を嘲り笑うかのように、世の中は、
満たされない女性にお金を使わせるサービスが充実している。

正確には、心の中が満たされない人同士が共依存し、
なおかつ楽しめるサービスが充実し、
そこにお金が吸い込まれていく、という事である。

何をしても変化がない夫に見切りをつけた彼女たちは、
判りつつも、この手のサービスに引っかかり、
毎週の様に交通費を大枚使いイベント通いをするという、
普通の考えではありえない行動に出る。
lives
財布の中身が急激に寂しくなり、
時には体が悲鳴をあげるのも感じながら『それ』をやめられない。
そんな彼女たちは、まさに麻薬中毒患者の様である。

彼女たちに、何が楽しくて、そんな
月5万~10万もかかる無駄な事をするのかと聞くと、
貴方にムダだと言われたくない
と目を吊り上げて怒るのだ。

意味が判らない。

趣味に『ひたむき』な人と『中毒』な人の違いはここ

私自身、別にこうしたお稽古事やイベントに『行くな』とは
一言も彼女らには言っていない。

ただ明らかに家族や身内など、大切な人々を犠牲にし、
自分の趣味の為に、その裏側でブラック家庭を作る人たちは、
いかがなものかと思うのだ。

きちんと趣味に打ち込みつつも、その一方で
子供や夫を心のどこかで気にかけている人は
そもそも無駄な出費も遠征費もかけないだろう。

ここで『暴走妻』になるか、ならないかの違いが出る。

家族をブラックにしてしまう人の心境は、

コンビニの特別な商品を買いあさることで
その商品の売れ行きを支える『買い支え』

をする人と似ている。

それはただの自己満足であり病気である。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

実はアルコールより怖い依存症とは?

一般に、アルコールや煙草などの嗜好品、パチンコなどのギャンブル、 大麻などの麻薬の依存症は、抜けら

記事を読む

【おしゃべりおばさん】あれは全部独り言!おしゃべりは聞くな!

貴方の周りにもいませんか? 話し出すと 自分の事ばかり、のべつまくなしに喋るおばさん

記事を読む

2017年スマホサイズの薄くて便利な手帳まとめ

スマホを使うのが当たり前になった現在。 今更手帳って…と思う人もいるかもしれません。 だから

記事を読む

日常生活で役立つ! Useful for everyday life

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

81歳のお婆ちゃんが作ったひな壇アプリが超癒される…

3日は桃の節句、で、スマホむけ無料ゲームアプリ『ひな壇(hinadan)』がAppleストアから先月

記事を読む