*

僕のいた時間の初回視聴率は11.2%、まずまず??

ad



  

WS000049

ドラマ、「僕のいた時間」の初回視聴率が11.2%だったと発表されました。

>>僕のいた時間 : 三浦春馬主演ヒューマンドラマ 初回視聴率は11.2%

俳優の三浦春馬さんが主演する連続ドラマ「僕のいた時間」(フジテレビ系)の初回が8日放送され、平均視聴率は11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

このドラマの情報は>>「僕のいた時間」のキャスト・みどころなどの情報

敵は次週の「明日、ママがいない」

ドラマ視聴率の初回の平均くらいでしょうか?まずまずの滑り出しと言えるでしょう。

しかし、来週からは日テレの注目ドラマ「明日ママがいない」が始まります。

>>http://allmenet.net/geinou/drama/ashita.html

このドラマは、超人気子役の芦田愛菜が主演ということもあり、放送開始前から高い注目を浴びているドラマです。という背景を踏まえて考えてみると、この初回11.2%という視聴率は。関係者からしてみれば期待外れだったかもしれませんね。

第二話あらすじ

大学を卒業した澤田拓人(三浦春馬)は、家具販売会社で正社員として働き始める。拓人は、年上のアルバイト店員から仕事を教えられるが、覚えなければならないことも多く、懸命についていく日々を送っていた。

一方、就職活動に失敗した本郷恵(多部未華子)は、卒業後もファミリーレストランでアルバイトをしながら、正社員採用を目指して就活を続けていた。 ある日、拓人は恵を食事に誘う。卒業式以来、久しぶりの再会を果たしたふたりは、お互いの近況を報告しあい、今度は水島守(風間俊介)や村山陽菜(山本美月)も誘って拓人の家で食事をしようと約束して別れる。

続きはhttp://www.fujitv.co.jp/bokunoitajikan/story/index02.html

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

反町続投!相棒season16波乱万丈の道のり

『相棒 season15(テレビ朝日系)』が、後味の悪いお開きとなり、親相棒説まで流れたこのシリーズ

記事を読む

【相棒14】反町相棒スタート!好調な出だしに次クールも期待?

ファン待望の『相棒14』が2015年10月からスタートした。 今回の相棒は、反町隆史。 初回

記事を読む

2017年2月公開お勧め映画

先月末から大作ラッシュが続く映画ですが、 今月も見所満載の映画が公開されます。 ©2016

記事を読む

HNK大河ドラマ「軍師官兵衛」原作・キャストなど情報満載

多才な人物をどのように描くのか NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」ホームページ 軍師官兵衛の

記事を読む

【ボス潜入】只今放映休止中?やらせ疑惑も飛び交うNHKに何が?

大手企業の社長、役員が素性を隠して現場に潜入。 問題を見つけ対策を練るというNHKの『ボス潜入』が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑