*

時価2億円の時計・リシャール・ミルとは?

ad



  

この時計
mille

時価220万ドル(約2億2400万円)

世界限定10台で生産され、瞬く間に売り切れた。
時計の名は『リシャール・ミル(RICHAD MILLE)』


テニスプレーヤー・ラファエル・ナダルが
試合中に身に付けていた
ことで
有名になったこの時計。

その魅力はどこにあるのだろうか。

時計の理想を現実化したから高くなった

リシャール・ミルは

『時計界のF1』
と呼ばれている。
nadalmoderu
創業者のリシャール氏曰く、

正確、堅牢、唯一無二、最高水準かつ使いやすいという
時計の理想を現実化したら、この価格になった。

と言う。

2億円以上するといわれるモデル56-02は、
サファイアクリスタルをケースの素材として使用。
ケーブルサスペンションシステムをムーヴメントに使っている。

ここまで自由に良質な時計を製作出来るのも、
いい技術者と顧客に恵まれているからこそ
だろう。

身売りすると、製作の自由が利かなくなる

それ以上に、ここまで奔放に夢を現実化し、
業界のトップもしくは、唯一無二の存在の人間を
顧客に出来た要因として、


『自社を身売りしなかった』事があげられる。

大手ブランドや時計業界は’80年代から
ブランド親会社のグループ編成化が進んできた。

御馴染みの、あのブランドもこのブランドも
元を正せば皆同じ親会社と知れば、がっくり来るだろう。

リシャール氏は顧客に
自社を身売りしない事と、
1000万の時計も1億円の時計をリピート買いする顧客も
平等に扱う事を約束しているそうだ。

顧客が受けたいおもてなしも知り尽くしているのが、
リシャール・ミルの生き残り戦略のポイントなのである。

顧客は業界で名前の知られた人間

リシャール氏の時計にはリピーターが多い。

ナダル選手の他にも、陸上選手のヨハン・ブレイク
F1ドライバーのセバスチャン・ロープ、
ゴルファーのバッハ・ワトソン、俳優のジャッキー・チェンと
数々の有名人がリシャール・ミルを愛用している。
mille_watoson
リシャール・ミル銀座公式ブログ
幻冬社の見城氏、サイバーエージェントの藤田氏、
放送作家の小山薫堂氏もリシャール・ミルに
魅せられた人々だ。

その完璧な仕事ぶりと、時計の持つ魅力から、
吸い込まれるように、次もまた欲しいと思うように
なるのだそうだ。

一見すると、ごつい時計だが、身に付けると
とても軽い。

そして人工衛星にも使われるという
最新鋭の機密が搭載された時計は、
ちょっとやそっとの衝撃では壊れない。

これ程魅力的な時計、お値段がここまでするのも
うなずける。

ハイブリットカーやスマホが普及しても、
クラッシックカーの魅力が衰えないのと同じ。

リシャール・ミルは、モノが持つ本質的魅力をついている。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【クリップボードマジすげぇ】クリップボード進化した?ケースやカバン一体型も!

クリップボードといえば、 ボードでしかなかった デクサスは、1969年にまな板の生産メーカー

記事を読む

安全は金で買う?ファイル共有ビジネスの変化

企業が無料ファイル共有サービスから、法人向け有料サービスに 切り替える傾向にある。 ここ5年

記事を読む

【メイド・イン・ジャパン家電】海外でバカうけしてるメイド・イン・ジャパンまとめ

昔は『メイド・イン・ジャパン』仕様の製品を そっくりそのまま海外に輸入すれば売れました。 し

記事を読む

【iPhone詐欺アプリ】iOS初のワンクリック詐欺は速やか削除が対処法

まさかの!である。 iphoneユーザーである限り、怪しいアプリにひっかからないと 思ってい

記事を読む

何とWindows 10は無料で使える?

発売が待たれているWindows 10ですが、何とWindows 7やWindows 8を使用してい

記事を読む